2009年1月のパフォーマンス

 2009年1月のパフォーマンスは月次・年初来マイナス4.79%でした。
 年初からイケてませんが、SHLの自社株消却・プロトの好決算など主力銘柄の好材料もあったので救われています。昨年来資産の毀損がひどくて正直ゲンナリしています。個人投資家としては耐えるもよし逃げるもよしですが、結局私は耐えるほうを選んでしまいました。といいつつ耐えっぱなしもナンなので、レジャーホテルファンドへの投資も開始したわけですが、不動産不況下でもありタイミング的にどうだったかはなんとも言えませんね。自信満々に投資したわけではないので。
 アセットアロケーションは以下の通りです。相変わらず日本株式が大部分を占めています。

2009年1月末 アセットアロケーション
日本株式 95.8%
 プロトコーポ・日本SHL・SHOEI・セブン銀行・プロネクサス 他
投資信託 4.2%
 さわかみファンド・LHファンド 他
現預金等 0.0%

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4298プロトコーポ 3Q

 出張先のネットカフェにいるので月次パフォーマンスの計算ができないため、明日計算するつもりです。おそらくマイナス2―4%。株価下落でしょんぼりしているうちにプロトコーポはいつの間にか決算発表しているし。

 あまりの低評価ぶりに3Q決算発表を見逃していた4298プロトコーポは絶好調。3Q決算によると「当第3四半期連結累計期間の売上高は、主要事業である自動車関連情報分野において、インターネット関連商品の契約社数の増加が増収に寄与したことに加え、生活関連情報分野においてもカルチャー情報事業、ケア関連事業などが増収に寄与したことから、17,676百万円(対前年同期比2.5%増)となりました。営業利益につきましては、子会社の株式会社プロトデータセンターへの業務移管が完了したことによる原価低減効果が大きく寄与したこと、ならびにグループ事業の再構築を進め営業費用の抑制に努めたことにより4,469百万円(対前年同期比46.9%増)となりました。経常利益につきましては4,495百万円(対前年同期比44.8%増)、四半期純利益につきましても2,711百万円(対前年同期比66.1%増)と大幅な増益となりました。」とのことで、この調子でいけば上方修正もチラついてきた決算なのですが、株価のほうは相変わらず予想PER6倍という低評価。配当利回りも3.7%ありますし十分魅力的だと思うのですがね。3Qに計上されていない韓国子会社の株式売却損が発生する見込みですが、それも予想純利益の1.2%程度ですし、純利益ベースでは計画を7%も上回っているし、ここまで低評価なのは中古車関連ということでしょうか。
 それにしても経費節減努力と子会社の思い切った統合や処分はすばらしいですね。優待銘柄の決算が軒並み悪いのになかなかすっぱり切れない私とエライ違いです。

 今月から以前KENさんのサイトで紹介のあったイニシアスター証券のレジャーホテルファンドに投資を開始しました。不動産不況の中迷いもあったのですが、過去にそこそこの配当分配実績があることと、株式一辺倒の投資もちょっと考えるところがあって、インカムゲイン狙いで少しだけ買い付けました。ただし、今月募集のファンドの募集期間が延長されていたことから、売り上げは芳しくないようですね。不動産不況にビビッて当初の買い付け予定額を大幅に下回る投資にしたため、ポートフォリオに占める割合は僅かですが。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4327SHL 1Q

 SHLは1Qは仕掛り期ということで単純にあてにはできませんが、とりあえず出だしは好調ということで。なんといってもCF計算書の「自己株式の取得による支出 210,500千円」と重要な後発事項の「自己株式の消却」が光りますね。現在の株価で予想配当利回り7%超え。どうせキャッシュもあまっているしさらに自己株式を取得してくれないかなと妄想中。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

7893プロネクサス 下方修正

 保有銘柄の株価は勿論業績もさえないため、ただでさえ株式投資日記なんか書きにくい今日この頃、さらに書きにくくなるニュースリリースが……7839プロネクサスが下方修正のおまけつきで平成21年3月期第3四半期決算短信をリリースしました。うーん、不況と証券市場の冷え込みの影響が予想以上ですね。役員持ち株会の設立や自社株買いしていなければもちろん速攻で売るところですけどね(涙)。「自分の資産がかかっているぞ!頑張れ経営陣!」と心の中で叫ぶ私。役員持ち株会に加入した皆様は家で奥さまにイヤミを言われてないかと余計な心配してます。

 自遊空間を経営しているランシステムは上方修正ですね。地方に出張したときによく利用するので、優待目当てに遊びで少しだけ買い持ちしていたら短期間でアッというまに倍の株価に。本来の自分の投資とは違うとわかっていても複雑です。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

7839SHOEI 1Q

 7839SHOEIより平成21年9月期 第1四半期決算短信がリリースされています。残念ながら景気後退と為替の影響は避けられず、売上および営業利益は大幅ダウン、前期の為替予約の効果により経常利益・純利益はそれほどでもなかったにしろ、総合的には2期前の水準に戻ってしまいました。もう一段の悪化を織り込んだ株価であったせいか大幅減益にかかわらず株価は上がりましたが、厳しい決算内容でした。新製品の導入により北米の出荷個数は増加しているようですけど。
 アナウンスによると経費削減効果等で予想利益の確保は達成可能とのことですが、ちょっと厳しいのではと予想しています。予想利益を達成すれば現在の株価で配当利回りで約6%ありますし、長期的には株主に大きな利益をもたらすと考えているので私はホールドしますが、しばらく大きく評価されることはなさそうです。

 株価低迷できまずく日記の更新が途絶えがちですが、それでも割安水準にある優良な会社への投資が長期的には報われると思っていますので、今年も株式投資には力を入れていきたいと思います。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR