今年最後の日記

 実家に帰省しノンビリしていると、yahooオークションで落札した金券類が次々届きました。一番重宝しそうなのは鉄道の株主優待乗車証。かなり電車であちらこちらに出かけるため、交通費が結構かかっていたので少しでも安くなると助かります。他よく利用する施設の入場券とか、トータルで約30%の割引になりそうなので、何故もっと早く気が付かなかったのだろうと思いました(笑)。他にもいろいろ調べていると結構いろいろな優待券が出ており、投資の研究の合間に時々のぞいてみる価値はありそうです。
 投資成績が不調だと節約するのも馬鹿馬鹿しくなる時もありますが、ちょっと節約すれば銘柄によっては最小単元くらい買えるので、やりがいはあると思いますね。別に節約で浮いたお金をすべて投資に当てなくてもいいわけですし、2割のコスト減は25%所得を増やすのと同じ効果ですから。
 気をつけないといけないのは、オークションて習慣性があるんですよね(笑)。いつのまにかオークション自体が目的になってしまうので、あくまでも節約の一環でやっていることを忘れないようにしないと、肝心の投資がおろそかになってしまう危険があります。

 散々な成績で悔しい思いをしながら年末を迎えましたが、同時に得られたものは今年の損失以上だと思っています。投資は長い旅であせりは禁物だと思いますが、時間は有限ですので、限られたお金と時間を有効に使いながら豊かな生活を目指して来年も頑張りたいと思います。

 訪問・コメント・お気に入り登録いただいた皆様、ありがとうございました。
 来年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2008年のパフォーマンス アセットアロケーション

 月次+7.8%、年初来マイナス37.25%でした。さわかみの基準価格が更新されていないので若干の訂正の余地がありますが、まあ大きくは影響しませんので。

 苦しくもあり、チャンスでもありとゲンナリとドキドキの交錯する年でした。正直サブプライムの影響を甘く見ていたなというのが率直な感想です。
 2008年末のアセットアロケーションは以下のとおりです。株式98%でアセットアロケーションも何もない気もしますが(笑)

株式98%
 4298プロトコーポ
 7839SHOEI
 7893プロネクサス
 8410セブン銀行
 4327SHL
 9644タナベ経営
 3354チェルト
 (非公開)
 3711創通
 7859アルメディオ
 7617オオゼキ
 3003昭栄
 4767TOW
 3763プロシップ
 他、少量保有銘柄、優待銘柄合わせて51銘柄
投資信託2%
 さわかみファンド

 株価の変動やセブン銀行・SHLの買い増しにより順序が若干入れ替わりましたが、まあ相変わらずのポートフォリオです。以下、主力のコメントを簡単に。

 プロトコーポ、業績予想は強気ではなくコスト削減の積み重ねによるものと考え買い増し。
 SHOEI、設備投資と減価償却のピークである今期を乗り切れば再び安定成長へ向かうと考え買い増し。
 プロネクサス、証券不況から業績もイマイチ。積極的な自社株買いと上場会社なら使わざるを得ないサービスを提供。ホールド。
 セブン銀行、割安ではありませんが他の銀行がATM投資を控える中全国にATMを増殖させているセブン銀行とは提携せざるを得ないので、売上&利益の質は高いと考え主力へ。一応テンバガー候補。
 SHL、テストの「紙→WEB化」により一段と収益性が高まることを期待し買い増し。そもそも割安高配当。
 タナベ、セールスプロモーションの伸びは相変わらず。来期業務見直しにより収益性アップを期待。そもそも割安(時価総額<保有現金同等資産)。ホールド中。
 チェルト、不況下で小売業そのほかのコスト意識はより高まると考え買い増し。PER約6倍・配当利回り約5%と割安、この不況下業績の進捗もまあまあ、時価総額133億円に対し現金+預け金+定期預金=125億円&無借金と財務も良好、バリュー投資の王道的銘柄。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

一喜一憂/優待券の購入

 「財務・業績はそこそこだけど優待+配当利回りがそこそこ」でここ最近買い付けた1単元銘柄たちの株価が好調で「あぁぁ~もっと買っとけばよかった~短期でこんなに騰がるなんて(泣)」という事態におちいっています。もちろんバリューだと思って買った銘柄たちはのんびりとしているので悔しさ倍増です。

 優待と言えば、割と自分がよく使うので優待が欲しいけど株を買う気になれない優待をヤフーオークションでいくつか購入しました。実際に優待株を購入しないのでリスクフリーですし、売る本人にとっては全く価値がなくても私には額面通り使えるものが数割引きで買えます。おかげでかなりの節約(すでに万単位)が見込めそうです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

不況の影響

 不況の影響を自分の保有株でいえば、3711創通、今期はちょっと厳しそうな雰囲気ですね。
 アニメ作品はそこそこ順調な気がしますが、就職情報を扱っている子会社のジェイブロードはこの不景気でクライアント企業の引き合いも減りそうですし、薬剤師の特需もはげ落ちます。
 キャッシュリッチで、参入しにくいユニークなビジネスを持ち、低成長ながらボチボチと安定利益を上げており、今年は自社株買い・増配と株主還元にも積極姿勢に転じ、まさに私好みの銘柄なんですが、ちょっと自信を持って買い増しにくいです。
 来月中旬に1Qの発表ですが、昨年は思わず微笑んでしまう1Qでした。しかしながら通期は見事な予想精度の高い着地で、やはり思わず苦笑いでしたけどね。その予測精度を信じてホールド中なのですが。

 同様な銘柄が4327日本SHL。同様の事業内容を扱う会社はあれどWebツールをもっているのはここだけ。1000万人受験してもホストコンピュータは大丈夫だそうで(ネットゲームと違って問題を送信するときと回答を受信するときくらいしかホストに負荷がかからないので、さほどのリソースもいらないそうです)、配当利回りも高く資本政策も正しいと思うので買い増したのですが、業績自体は過大な期待はできないかなと。

 マイ保有銘柄にも確実に不景気の影響は近づいていますが、利益と配当が出せるだけよいと思います。いつの世も儲かり続ける都合のよいビジネスがあれば苦労しませんけど。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

7839SHOEI 買い増し

 結局SHOEIの配当でSHOEIを買い増してしまいました(笑)

 SHOEIのたった一つ不安だったこととして、売上の拡大余地がどの程度なのか、偽物を作られたりデザインや技術が流出したりすることはないのかということだったのですが、昨日ブリッジサロンの動画を見て疑問が解決しました。
 SHOEIはオフロード用のヘルメットが未開拓だったようで、その市場調査とデザインの研究のためにスタッフを1月ほどアメリカに派遣したそうです。オフロードのライダーは当然道なき道を走るわけで、ヘルメットの破損頻度も高く、どうしても安いヘルメットを購入する傾向にあるとか。ところがこのジャンルに進出してみると結構売れているそうで、アメリカの受注増の源泉になっているそうです。
 また、デザインや機能が同様のものを作れたとしても、10数年かけてコストダウンに注力してきたSHOEIと同じコストで作ることはかなり困難だとか。塗装の自動化でコストダウンも一段と進んでいるそうです。
 次の記事はまさにその塗装の自動化に関する記事なのですが、この自動塗装機械も手作りだそうで、一か月に1~2台しか作れないとか(笑)。

-----(以下引用)-----

【SHOEI、ヘルメット塗装ラインを国内全工場で自動化】
 SHOEIは国内全工場でヘルメットの塗装ラインの全自動化を進める。独自開発した塗装ロボットを導入し、品質のムラをなくすほか、塗料の使用量を適正にしてコスト削減につなげる。主力製品の2輪車用高級ヘルメット販売は景気後退により欧州を中心に減少し始めている。生産現場での改善を急ぎ、利益率向上につなげる。
 同社の2輪車用ヘルメットは3万―5万円の価格帯が主力。加工、塗装ともに高度な技術が必要とされており、自動化が遅れていた。自動化するのは茨城工場(茨城県稲敷市)と岩手工場(岩手県藤沢町)。これまで塗装工程は手作業や半自動化ラインが多かった。自動化により省人化と同時に塗装の材料費を削減する狙い。09年9月期にこれまで年間2億5000万円程度かかっていた塗料費を15%程度減らす考え。
(日刊工業新聞:掲載日 2008年11月26日)

-----(引用おわり)-----

 今までも思い込みで結構苦い思いをしたことが多いので、SHOEIに関しても何か死角はないか常に検討しているのですが、SHOEIの弱みを探せば探すほどむしろSHOEIの強みを発見してしまうことのほうが多いです。振り返ってみれば株価も下がって低PER高配当なバリュー銘柄となっています。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR