FC2ブログ

今日もやっぱり恐る恐る買い注文を出す

 出勤する前にやはり数銘柄に一単元ずつ買い注文を出してみました。半分くらい約定。今日も好業績高配当銘柄を少しづつ。それにしても、よく下がりますね。配当利回りが5%くらいの銘柄も散見されます。
 そういえば、KDDIが無線データ通信サービスの新料金プランを準備中とか。イーモバイルと違いいきなり全国区なので、価格と通信速度が同等ならこちらが有利な気がします。加えて、auの携帯電話との併用で有利なプランを出してきたら良いセンいくのではないかと思います。

-----------------------(以下引用)-----------------------
 KDDI データ通信、定額制プラン 月6000円、来月末導入/11月21日5時46分配信 産経新聞

 パソコン向けの無線データ通信サービスをめぐり、KDDI(au)が月額6000円程度で定額制の新料金プランを準備していることが20日、わかった。12月末導入の見通し。データ受信が最大毎秒3・1メガビットと高速で、全国で利用できるのが特徴だ。携帯でデータ通信の利用を定額制にすると、動画閲覧など大量のデータを送受信して通信の混雑が懸念されるが、KDDIは回線の込み具合を端末側で判断し、通信速度を制御する新技術を開発。音声通話を邪魔せず多くの顧客のデータ通信に対応できる。
 定額制プランは、導入と同時に発売する京セラ製の新たなカード型データ通信専用端末に適用する。どれだけ使っても料金が一定のため、光ファイバーやADSL(非対称デジタル加入者線)と同様に、回線を長時間つないだままの利用が可能だ。また、車や電車で移動中も途切れにくい。
 携帯のデータ通信は、通信量に応じて料金が増える従量課金が中心で利用が伸びなかった。KDDIの現行プランは、月1500~1万1800円の基本使用料と従量の通信料が必要。だが、PHSのウィルコムがデータ定額制を導入して利用者を拡大。今年3月に新規参入したイー・モバイルは月額5980円で導入、携帯のデータ定額制に先鞭(せんべん)をつけた。
 ただウィルコムは通信速度が毎秒最大0・4メガビット程度と、携帯よりも遅い。イー・モバイルはサービスの提供エリアが大都市圏にとどまる。さらにNTTドコモも10月、料金が4200~1万500円となる2段階定額制のプランを導入したが料金が高額になる上、接続先に制限がある。
 こうしたなか、KDDIは低額、高速、広域で利用できる点を強調。新端末を個人向け商品として、auショップや家電量販店で積極的に販売していく方針。価格は1万円前後になるとみられる。
-----------------------(引用終わり)-----------------------

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

恐る恐る買い注文を出す

 株価が下がっているので数銘柄に一単元ずつ恐る恐る買い注文を出してみました。ドカドカ約定するのでビックリ。昨日に引き続き、ソノコムの他好業績高配当銘柄を少しづつ。慌てなくても、今後いくらでも買いチャンスは訪れるでしょう。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-7893プロネクサスの自社株買い

 プロネクサスの株価が予想外に上がってしまいました。下方修正である程度の下げを覚悟して買い下がるつもりでいたのですが、順調に進行中の自社株買いで需給が好転したのか、いくつかのIRのリリース(P-WORKS、中間決算説明会など)に市場が好反応したのかわかりませんが、ちょっと意外な感じです。投資でもっともしてはいけない「たられば」になってしまいますが、下方修正直後に勇気を持って大きく買い付けるべきでしたね。でも、あの段階では正直私も「おいおい、来期以降本当に大丈夫かなぁ?」と思ったものですけど。
 そのかわりと言ってはナンですが、アルメディオを含めて配当利回り4%~5%の高配当銘柄をいくつか購入しています。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

分析-7902ソノコム

  自社株買いといえば、ソノコムの自社株買いの進捗が意外にいいので少し買ってみました。少ない出来高の中毎日チマチマと買い付けているのには感動を覚えます。ついに自己株が5%も突破しました。目先の業績は全く期待できないので、自社株買いを進めて需給が好転するか、発行済み株式が減った分業績が回復した時に大きく増配してくれないかなぁという淡い期待の消極的な投資です。

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2Q-アルメディオ

 アルメディオの中間決算がリリースされています。先日の修正予想通りですが、ちょっと期待しているのがティアックのテストメディア事業の買収と、現在まだまだ売上に占める割合は低いですが中国子会社の売上が好調なことです。アルメディオの事業内容からして今後大きく成長することは考えにくく、現実に肝心の売上は減少傾向にあり、それがPBR大きく一倍割れの株価にもつながっていると思います。逆に言えば、ティアックがテストメディア事業を手放したように、後退気味の分野に新規参入する企業が登場することも考えにくく、アルメディオがそれなりに受注を確保していく可能性も高く、加えて中国子会社の売上がそこそこに伸張すれば、適度に売上と利益を確保するでしょう。現在の株価では配当利回りが4%もあるので、配当を受け取りながら豊富な現金で自社株買いをしてくれる日をのんびりと待つつもりです。まあ、なんというか消極的な投資ではありますけど。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR