FC2ブログ

2Q-7192日本モーゲージ

 7192日本モーゲージサービスから「2020年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」「2020年3月期 第2四半期決算説明資料」がリリースされています。だいぶ予想を上回ってるような気がしますが、気のせいでしょうか。
 7192日本モーゲージサービスは2016年12月に上場初日に買い、今年に太っ腹優待導入で跳んで沈んだところで買い増し、現在はポートフォリオの準主力2番手として組み入れており、もうすぐ保有3年になります。つなぎ融資は保険を掛けてあっという間に転売する実質フィービジネス、瑕疵保険は責任準備金という名前で将来の利益が積み上がり、アカデメイア事業でストック収入を確保し、工務店には住宅事業を一元管理できる「助っ人クラウド」を無償あるいは安価で提供して差別化を図っています。

2020/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1541/281/281/196
(+2.6%/+2.3%/+2.3%/+3.3%)
2Q予/3192/567/568/381
(+6.1%/+0.8%/+1.8%/-1.3%)
2Q実/3343/697/698/487
(+11.1%/+23.8%/+25.0%/+26.2%)

3Q実////
(%/%/%/%)
4Q予/6615/1200/1201/818
(+5.6%/+3.6%/+4.1%/+1.9%)
4Q修////
(%/%/%/%)
4Q実////
(%/%/%/%)

2019/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1502/275/275/190
(+9.7%/+67.1%/+66.8%/+92.1%)
2Q予/3045/458/448/320
(+4.1%/+27.5%/+24.5%/+44.6%)
2Q修/3009/563/552/382
2Q実/3009/563/558/386
(+2.9%/+56.9%/+55.2%/+74.6%)
3Q実/4574/855/850/594
(+1.6%/+42.2%/+41.0%/+54.3%)
4Q予/6343/1000/991/707
(+0.8%/+21.4%/+20.0%/+21.1%)
4Q修/6300/1100/1100/760
(%/%/%/%)
4Q実/6267/1159/1154/802
(-0.4%/+40.7%/+39.7%/+37.5%)

2018/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1369/164/164/99
2Q予/2810/190/190/110
2Q修/2920/350/350/210
2Q実/2925/359/359/221
3Q実/4501/601/613/385
4Q予/5870/500/500/340
4Q修/6010/650/650/420
4Q再修/6210/740/740/490
4Q実/6293/823/826/583
(7.3%/2.2%/5.2%/4.9%)

配当の推移(括弧内は分割考慮前)
2017(H29)/3 6.66(20.00)
-----2018(H30)/3 1:3 分割
2018(H30)/3 6.66(20.00)予→8.00
2019(H31)/3 8.00予→10.00修→35.00再修
2020(R02)/3 35.00予

スポンサーサイト



テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-7192日本モーゲージ 個人投資家向け IRセミナー

 「日本証券アナリスト協会主催 個人投資家向け IRセミナー」に参加し、準主力銘柄の日本モーゲージの説明を聞いてきました。
 社長は懸命に事業内容を説明していましたが、質問の最後に「個人投資家向けには配当とか株主還元をどうするのかの説明をしろ」とか、質問終了後に社長のところへ「総会にお土産を」とか、残念な感じでした。
 利己的で個人的な考えを言わせてもらえれば、この会社の事業はシンプルで利益を上げやすいのに一般的でなく理解しにくいままでいてくれた方が、株価は安く維持され買い安心感があるのでありがたいです。しかし、社長としてはPER10倍を切る現在の株価は不満で、IRに力を入れていると説明されていました。良いことも悪いことも正直に話されていたので好感は持てましたが、あの説明では逆に不安になってしまう人もいるかもしれませんね。
 残念ながら質問は私の前に切られてしまったのですが、その後で社長とお話しすることができました。オフバランス化によって自己資本比率を上げた結果、銀行の融資条件が改善したことなどを確認できたので目的は達成しました。

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

1Q-7192日本モーゲージ

 7192日本モーゲージサービスから「2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」「2020年3月期 第1四半期決算説明資料」がリリースされています。昨年のような劇的な伸びはありませんが、出だしは普通に好調で問題なさそうです。

2020/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1541/281/281/196
(+2.6%/+2.3%/+2.3%/+3.3%)

2Q予/3192/567/568/381
(+6.1%/+0.8%/+1.8%/-1.3%)
2Q修////
2Q実////
(%/%/%/%)
3Q実////
(%/%/%/%)
4Q予/6615/1200/1201/818
(+5.6%/+3.6%/+4.1%/+1.9%)
4Q修////
(%/%/%/%)
4Q実////
(%/%/%/%)

2019/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1502/275/275/190
(+9.7%/+67.1%/+66.8%/+92.1%)
2Q予/3045/458/448/320
(+4.1%/+27.5%/+24.5%/+44.6%)
2Q修/3009/563/552/382
2Q実/3009/563/558/386
(+2.9%/+56.9%/+55.2%/+74.6%)
3Q実/4574/855/850/594
(+1.6%/+42.2%/+41.0%/+54.3%)
4Q予/6343/1000/991/707
(+0.8%/+21.4%/+20.0%/+21.1%)
4Q修/6300/1100/1100/760
(%/%/%/%)
4Q実/6267/1159/1154/802
(-0.4%/+40.7%/+39.7%/+37.5%)


2018/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1369/164/164/99
2Q予/2810/190/190/110
2Q修/2920/350/350/210
2Q実/2925/359/359/221
3Q実/4501/601/613/385
4Q予/5870/500/500/340
4Q修/6010/650/650/420
4Q再修/6210/740/740/490
4Q実/6293/823/826/583
(7.3%/2.2%/5.2%/4.9%)

配当の推移(括弧内は分割考慮前)
2017(H29)/3 6.66(20.00)
-----2018(H30)/3 1:3 分割
2018(H30)/3 6.66(20.00)予→8.00
2019(H31)/3 8.00予→10.00修→35.00再修
2020(R02)/3 35.00予

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-7192日本モーゲージ

 7192日本モーゲージサービスから「2019年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」「2019年3月期 決算説明資料」がリリースされています。好調な決算で、かつ例年保守的な来期の予想でさえ増収増益で計画しているので、言う事ありません。
 驚きなのは、記念配当分は来期の配当が下がると思っていたのですが、まさかのキープで予想35円。もし40円に修正しようモノなら、僅か3年で6倍の快挙です。絶対にホールドします。

2020/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実////
(%/%/%/%)
2Q予/3192/567/568/381
(+6.1%/+0.8%/+1.8%/-1.3%)
2Q修////
2Q実////
(%/%/%/%)
3Q実////
(%/%/%/%)
4Q予/6615/1200/1201/818
(+5.6%/+3.6%/+4.1%/+1.9%)
4Q修////
(%/%/%/%)
4Q実////
(%/%/%/%)

2019/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1502/275/275/190
(+9.7%/+67.1%/+66.8%/+92.1%)
2Q予/3045/458/448/320
(+4.1%/+27.5%/+24.5%/+44.6%)
2Q修/3009/563/552/382
2Q実/3009/563/558/386
(+2.9%/+56.9%/+55.2%/+74.6%)
3Q実/4574/855/850/594
(+1.6%/+42.2%/+41.0%/+54.3%)
4Q予/6343/1000/991/707
(+0.8%/+21.4%/+20.0%/+21.1%)
4Q修/6300/1100/1100/760
(%/%/%/%)
4Q実/6267/1159/1154/802
(-0.4%/+40.7%/+39.7%/+37.5%)


2018/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1369/164/164/99
2Q予/2810/190/190/110
2Q修/2920/350/350/210
2Q実/2925/359/359/221
3Q実/4501/601/613/385
4Q予/5870/500/500/340
4Q修/6010/650/650/420
4Q再修/6210/740/740/490
4Q実/6293/823/826/583
(7.3%/2.2%/5.2%/4.9%)

配当の推移(括弧内は分割考慮前)
2017(H29)/3 6.66(20.00)
-----2018(H30)/3 1:3 分割
2018(H30)/3 6.66(20.00)予→8.00
2019(H31)/3 8.00予→10.00修→35.00再修
2020(R02)/3 35.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

3Q-7192日本モーゲージ

 7192日本モーゲージサービスから「2019年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」「「2019年3月期 第3四半期 決算説明資料」がリリースされています。
 日本モーゲージサービスは金利の変動が営業原価にダイレクトに影響するため、常に保守的な業績予想をしています。配当は先日に上方修正したので、最終的に業績も上方修正するのではないかと妄想中です。

31.3期
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1502/275/275/190
(+9.7%/+67.1%/+66.8%/+92.1%)
2Q予/3045/458/448/320
(+4.1%/+27.5%/+24.5%/+44.6%)
2Q修/3009/563/552/382
2Q実/3009/563/558/386
(+2.9%/+56.9%/+55.2%/+74.6%)
3Q実/4574/855/850/594
(+1.6%/+42.2%/+41.0%/+54.3%)

4Q予/6343/1000/991/707
(+0.8%/+21.4%/+20.0%/+21.1%)
4Q修/6300/1100/1100/760
(%/%/%/%)
4Q実////(%/%/%/%)

H30.3期
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1369/164/164/99
2Q予/2810/190/190/110
2Q修/2920/350/350/210
2Q実/2925/359/359/221
3Q実/4501/601/613/385
4Q予/5870/500/500/340
4Q修/6010/650/650/420
4Q再修/6210/740/740/490
4Q実/6293/823/826/583
(7.3%/2.2%/5.2%/4.9%)

配当の推移(括弧内は分割考慮前)
2017(H29)/3 6.66(20.00)
-----2018(H30)/3 1:3 分割
2018(H30)/3 6.66(20.00)予→8.00
2019(H31)/3 8.00予→10.00修→35.00再修

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR