FC2ブログ

2Q-8591オリックス

 8591オリックスから「2020年3月期 第2四半期決算短信〔米国基準〕(連結)」「剰余金配当(中間配当)および期末配当予想に関するお知らせ」「自己株式取得に係る事項の決定および自己株式消却に係る事項の決定に関するお知らせ(会社法第 459 条1項の規定による定款の定めに基づく取締役会決議による自己株式の取得および会社法第 178 条の規定に基づく自己株式の消却)」がリリースされています。取締役会で「保有する自己株式の総数の上限を、発行済株式総数の 5%程度を目安とし、それを超える数の株式は、原則として消却」とする方針を決議したようです。
 オリックスは2015年2月に購入しました。売上・利益が安定的に成長する業種ではありませんが、配当利回りが高く、2009年以降は毎年増配してくれています。ウェイトはほどほどにゆっくりと保有したいと考えています。

【8591オリックス:配当金推移】
※カッコ内は分割考慮前
2003(H15)/3 2.50(25.00)
2004(H16)/3 2.50(25.00)
2005(H17)/3 4.00(40.00)
2006(H18)/3 9.00(90.00)
2007(H19)/3 13.00(130.00)
2008(H20)/3 26.00(260.00)
2009(H21)/3 7.00(70.00)
2010(H22)/3 7.50(75.00)
2011(H23)/3 8.00(80.00)
2012(H24)/3 9.00(90.00)
2013(H25)/3 13.00 (130.00)
---2013/4 1:10分割
2014(H26)/3 23.00
2015(H27)/3 36.00
2016(H28)/3 45.75
2017(H29)/3 51.00予→52.25
2018(H30)/3 66.00
2019(H31)/3 76.00
2020(R02)/3 76.00予→?

スポンサーサイト



テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

1Q-8591オリックス

 8591オリックスから「2020年3月期 第1四半期決算短信〔米国基準〕(連結)」「オリックス株式会社2020年3月期第1四半期 決算ハイライト」がリリースされています。純利益は減益ですが、売却益(賃貸不動産売却益、子会社・関連会社株式売却益、有価証券売却益など一時的なもの)を除いたセグメント利益は着実に増加しています。
 オリックスは2015年2月に購入しました。売上・利益が安定的に成長する業種ではありませんが、配当利回りが高く、2009年以降は毎年増配してくれています。ウェイトはほどほどにゆっくりと保有したいと考えています。

20190729.gif


【8591オリックス:配当金推移】
※カッコ内は分割考慮前
2003(H15)/3 2.50(25.00)
2004(H16)/3 2.50(25.00)
2005(H17)/3 4.00(40.00)
2006(H18)/3 9.00(90.00)
2007(H19)/3 13.00(130.00)
2008(H20)/3 26.00(260.00)
2009(H21)/3 7.00(70.00)
2010(H22)/3 7.50(75.00)
2011(H23)/3 8.00(80.00)
2012(H24)/3 9.00(90.00)
2013(H25)/3 13.00 (130.00)
---2013/4 1:10分割
2014(H26)/3 23.00
2015(H27)/3 36.00
2016(H28)/3 45.75
2017(H29)/3 51.00予→52.25
2018(H30)/3 66.00
2019(H31)/3 76.00
2020(R02)/3 中間35.00

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-8591オリックス

 8591オリックスから「2019年3月期 決算短信〔米国基準〕(連結)」ほか関係資料がリリースされています。
 オリックスは配当利回りが高く指標的にも割安ですが、大きく落ち込んだリーマンショック後からそれ以前を超える勢いで業績は回復していますので、この増配傾向が続く限りはゆっくりと保有したいと考えています。

【8591オリックス:配当金推移】
※カッコ内は分割考慮前
2003(H15)/3 2.50(25.00)
2004(H16)/3 2.50(25.00)
2005(H17)/3 4.00(40.00)
2006(H18)/3 9.00(90.00)
2007(H19)/3 13.00(130.00)
2008(H20)/3 26.00(260.00)
2009(H21)/3 7.00(70.00)
2010(H22)/3 7.50(75.00)
2011(H23)/3 8.00(80.00)
2012(H24)/3 9.00(90.00)
2013(H25)/3 13.00 (130.00)
---2013/4 1:10分割
2014(H26)/3 23.00
2015(H27)/3 36.00
2016(H28)/3 45.75
2017(H29)/3 51.00予→52.25
2018(H30)/3 66.00
2019(H31)/3 76.00
2020(R02)/3 中間35.00

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

3Q-8591オリックス

 8591オリックスから「2019年3月期 第3四半期決算短信〔米国基準〕(連結)」ほか関係資料がリリースされています。
 オリックスは配当利回りが高く指標的にも割安ですが、大きく落ち込んだリーマンショック後からそれ以前を超える勢いで業績は回復していますので、この増配傾向が続く限りはゆっくりと保有したいと考えています、しかし、取引終了直前にリリースされて、それを見て売り込む人やツイッターで罵詈雑言を浴びせる人は何なんでしょうかね。2Qまでがあの状態なのに、突然3Qからよくなるとでも考えたのでしょうか。

【8591オリックス:配当金推移】
※カッコ内は分割考慮前
2003(H15)/3 2.50(25.00)
2004(H16)/3 2.50(25.00)
2005(H17)/3 4.00(40.00)
2006(H18)/3 9.00(90.00)
2007(H19)/3 13.00(130.00)
2008(H20)/3 26.00(260.00)
2009(H21)/3 7.00(70.00)
2010(H22)/3 7.50(75.00)
2011(H23)/3 8.00(80.00)
2012(H24)/3 9.00(90.00)
2013(H25)/3 13.00 (130.00)
---2013/4 1:10分割
2014(H26)/3 23.00
2015(H27)/3 36.00
2016(H28)/3 45.75
2017(H29)/3 51.00予→52.25
2018(H30)/3 66.00
2019(H31)/3 76.00予→?

2018.10.28 追記しました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2Q-8591オリックス

 8591オリックスから「2019年3月期 第2四半期決算短信〔米国基準〕(連結)」「配当方針の変更、剰余金配当(中間配当)および期末配当予想に関するお知らせ 」ほか関係資料がリリースされています。
 オリックスは配当利回りが高く指標的にも割安ですが、やはり過去の業績の大きなブレが影響しているのでしょうか。しかし、大きく落ち込んだリーマンショック後からそれ以前を超える勢いで業績は回復していますので、この増配傾向が続く限りはゆっくりと保有したいと考えています。
 それにしても、2003年と比較すると配当は30倍ですね。ほんの5年前と比べても3倍ですし、業種が業種とはいえこういう増配株が日本にも増えるといいと思います。

【8591オリックス:配当金推移】
※カッコ内は分割考慮前
2003(H15)/3 2.50(25.00)
2004(H16)/3 2.50(25.00)
2005(H17)/3 4.00(40.00)
2006(H18)/3 9.00(90.00)
2007(H19)/3 13.00(130.00)
2008(H20)/3 26.00(260.00)
2009(H21)/3 7.00(70.00)
2010(H22)/3 7.50(75.00)
2011(H23)/3 8.00(80.00)
2012(H24)/3 9.00(90.00)
2013(H25)/3 13.00 (130.00)
---2013/4 1:10分割
2014(H26)/3 23.00
2015(H27)/3 36.00
2016(H28)/3 45.75
2017(H29)/3 51.00予→52.25
2018(H30)/3 66.00
2019(H31)/3 76.00予→?

2018.10.28 追記しました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR