FC2ブログ

2021年2月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次-1.79%・前年末比-1.89%となりました。
※日本株・米国株合計を円ベースで計算しています。
※配当・税金込、月中の入出金や売却後の税金を考慮しています。
 今年の受取配当金の累計は、前年同月比で日本株-23.57%、米国株+4.32%となりました。
 通年は日米の合計で+2.00%を予想しています。
※今年の1月から今月・翌月までの受取配当金の累計を、日本株・米国株別に前年同月と比較しています。
※入出金、銘柄入替、各銘柄の増配・減配がダイレクトに影響します。
※米国株の配当はドルベースでの前年比ですが、通年の合計は年末のレートで日本円に換算しています。

 アセットアロケーション(資産配分%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 90.90←91.37(先月末)
≪主力≫
全国保証、シーティーエス、ベネフィットワン、情報企画、日本エスエイチエル、平山HD、
≪準主力≫
日本モーゲージS、ステップ、CDS、ヒトコムHD、ビジネスブレイン太田昭和、シイ・エム・シイ、朝日ネット、SMS、コーア商事HD、No.1、トランザクション、グリーンクロス、オリックス、タカラインフラF、グッドコムアセット、ゲンキードラッグ、明豊ファシリティ、タカラリート、東計電算、ユニリタ、、日本商業開発、マリモリート、ザイマックス
≪準準主力≫
ブロードリーフ、オリジナル設計、FCHD、イオンモール、日本コンセプト、イオンFS、東京インフラF、ココカラファイン、セブン銀行、ソフトクリエHD、毎日コムネット、東京センチュリー、クレステック、ベルパーク、イオンディライト、セゾン情報、日本再生エネルギー、カチタス、TOKAI HD、カナディアンソラ、SRAHD
≪圏外移動≫なし
合計119銘柄(優待目的含む)
※主力・準主力・準準主力は保有銘柄の時価が一定ライン(=金額ですが非公開です)を超えたものです。
アンダーラインの銘柄は≪主力⇔準主力⇔準準主力⇔圏外≫の間を移動した銘柄です。
【外国株式】 3.64←3.44(先月末)
 MO MSI BTI 他 合計14銘柄
【現金等・外貨含む】 5.46←5.20(先月末)

 新規買い:なし
 買い増し:3800ユニリタ、マイクロソフト
 一部売却:3673ブロードリーフ
 売り切り:なし

 優待変更のあったユニリタを買い増し、決算がイマイチだったブロードリーフを少し売りました。マイクロソフトはいつも通り米国株の配当がたまるごとに買い増ししています。
 金額的にはプラマイゼロなのですが、株価の下落により現金比率は少し上がりました。
 1月に2銘柄が無配になった影響で、受取配当は大幅に減少していますが、通年では影響は軽微です。

 今年も、適度なキャッシュポジションを確保しながら受取配当を増加させるポートフォリオの構築に励みたいと思います。

スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

バブルの中で

 「東証、一時2万9000円台回復 30年6カ月ぶり高値」といったタイトルのニュースが流れる中、気が付いたら、一番上の桁が税引前ですが1つ増えてました。2004年に本気で投資を始めて、9年後の2013年に1、さらに4年後の2017年に2、さらに4年後の2021年に3なので、自他共に認める売買下手な私にしては上出来だと思います。ひたすら入金して、ゆるゆる成長する会社の株を持ち続けただけなのですが、本当にありがたいです。今後も、目標とか特に定めずに、気の向くままの投資、その結果のパフォーマンスを受け止める、限りなくパッシブな個別株投資をして行こうと思います。

(追記)
 翌日、早速割り込みましたw

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2021年1月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次-0.11%・前年末比-0.11%となりました。
※日本株・米国株合計を円ベースで計算しています。
※配当・税金込、月中の入出金や売却後の税金を考慮しています。
 今年の受取配当金の累計は、前年同月比で日本株-49.65%、米国株+3.50%となりました。
 通年は日米の合計で+2.00%を予想しています。
※今年の1月から今月・翌月までの受取配当金の累計を、日本株・米国株別に前年同月と比較しています。
※入出金、銘柄入替、各銘柄の増配・減配がダイレクトに影響します。
※米国株の配当はドルベースでの前年比ですが、通年の合計は年末のレートで日本円に換算しています。

 アセットアロケーション(資産配分%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 91.37←91.54(先月末)
≪主力≫
全国保証、シーティーエス、ベネフィットワン、情報企画、日本エスエイチエル、平山HD、
≪準主力≫
日本モーゲージS、ステップ、CDS、シイ・エム・シイ、ヒトコムHD、朝日ネット、ビジネスブレイン太田昭和、SMS、コーア商事HD、No.1、トランザクション、グリーンクロス、ブロードリーフ、タカラインフラF、オリックス、ゲンキードラッグ、明豊ファシリティ、グッドコムアセット、タカラリート、日本商業開発、東計電算、ザイマックス、マリモリート
≪準準主力≫
ユニリタ、、オリジナル設計、FCHD、東京センチュリー、イオンモール、ソフトクリエHD、日本コンセプト、イオンFS、東京インフラF、ベルパーク、セブン銀行、毎日コムネット、ココカラファイン、セゾン情報、クレステック、カチタス、日本再生エネルギー、TOKAI HD、イオンディライト、カナディアンソラ、SRAHD
≪圏外移動≫なし
合計119銘柄(優待目的含む)
※主力・準主力・準準主力は保有銘柄の時価が一定ライン(=金額ですが非公開です)を超えたものです。
アンダーラインの銘柄は≪主力⇔準主力⇔準準主力⇔圏外≫の間を移動した銘柄です。
【外国株式】 3.44←3.28(先月末)
 MO MSI BTI 他 合計14銘柄
【現金等・外貨含む】 5.19←5.19(先月末)

 新規買い:なし
 買い増し:FCホールディングス、グリーンクロス、マイクロソフト、セゾン情報
 一部売却:なし
 売り切り:なし

 FCホールディングスが買い増しにより準準主力となったほか、いくつかの銘柄の順位が変動しました。
 受取配当と買い増しにより、現金比率は変わりませんでした。
 受取配当は2銘柄が無配になった影響で、大幅に減少していますが、通年では影響は軽微です。

 今年も、適度なキャッシュポジションを確保しながら受取配当を増加させるポートフォリオの構築に励みたいと思います。

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2020年の売買と総括 ~次の目標に向けて~

 2020年のパフォーマンスは前年末比+12.76%となりました。

20201231 配当金の推移

 何と言ってもコロナ禍の2020年、2月~4月はおそらく多くの退場者が発生したはずです。かくいう私も年初比で家一軒分の金額が吹き飛び心境は退場同然でしたが、利回りがそこそこあって増配が期待できそうな感じの銘柄や、高利回りや優待狙いの銘柄など、相変わらず例年と変わらない銘柄を買う一年でした。有難い事に、配当は前年比11%伸ばす事ができました。昨日の日記に書いたとおり、投資を始めた頃の年収と並ぶ配当金を達成したので、次なる目標(配当金4桁万円)に向けてのんびりとやっていきたいと思います。
 2005年に配当をもらった時に、毎年20%くらい配当を増やして20年後くらいにこれくらいにできたら……と考えていたのが上の青の棒グラフ、実際の受取配当が緑のグラフです。近年、上場企業が株主還元に積極的だったため、5年ほど前倒しで目標を達成できました。株式投資はどうしても波がありますが、正しく長く続けていくと豊かになれるということを確信しました。
 こんな調子でのんびりと投資をしている私のブログにご訪問頂いた皆様、ありがとうございます。だれにもできる易しい投資手法で、現在も未来も豊かな人生を送ることを目指して投資を続けたいと思います。どうぞ良いお年を!

2020年12月末 立川 一


 以下、今年の売買と月次パフォーマンスの記録です。

2020年12月 月次+0.73%・前年末比+12.76%
 新規買い:なし
 買い増し:FCホールディングス、グリーンクロス、ジャパンインフラ、タカラインフラ、三菱商事、マイクロソフト
 一部売却:アイケイケイ
 売り切り:なし

2020年11月 月次+9.30%・前年末比+11.94%
 新規買い:なし
 買い増し:明豊ファシリティワークス、平山HD、タカラインフラ、イオンディライト、マイクロソフト
 一部売却:なし
 売り切り:なし

2020年10月 月次マイナス2.35%・前年末比+2.47%
 新規買い:タマホーム、ハマキョウレックス(いずれも業績好調なのに評価が今一つ)
 買い増し:マイクロソフト(米国株の配当はマイクロソフト購入に充てています)
 一部売却:毎日コムネット(決算を見てポジションをやや落とす)
 売り切り:なし

2020年9月 月次+5.30%・前年末比+4.93%
 新規買い:なし
 買い増し:ザイマックス・リート投資法人、マイクロソフト
 一部売却:なし
 売り切り:なし

2020年8月 月次+7.58%・前年末比マイナス0.35%
 新規買い:4659エイジス、7989立川ブラインド、7196Casa、ザイマックス・リート投資法人
 買い増し:MSFT、9658ビジネスブレイン太田昭和、6542FCホールディングス
 一部売却:なし
 売り切り:なし

2020年7月 月次マイナス6.12%・前年末比マイナス7.38%
 新規買い:なし
 買い増し:MSFT、8570イオンフィナンシャルサービス
 一部売却:なし
 売り切り:なし

2020年6月 月次+4.17%・前年末比マイナス1.34%
 新規買い:上新電機(優待用端株)
 買い増し:MSFT、8570イオンフィナンシャルサービス、7533グリーンクロス
 一部売却:なし
 売り切り:なし

2020年5月 月次+14.54%・前年末比マイナス5.29%
 新規買い:6306日工 5690リバーHD
 買い増し:MSFT
 一部売却:なし
 売り切り:8898センチュリー21 5108ブリヂストン

2020年4月 月次+4.38%・前年末比マイナス17.31%
 新規買い:XLRE不動産セレクトセクターSPDR ファンド
 買い増し:3562No.1
 一部売却:9795ステップ 8898センチュリー21
 売り切り:7148FPG 8963INV RDSBロイヤルダッチシェル

2020年3月 月次マイナス8.32%・前年末比マイナス20.76%
 新規買い:MSFTマイクロソフト 8963インヴィンシブル投資法人 8919カチタス 6542FCホールディングス
 買い増し:7148FPG RDSBロイヤルダッチシェル 3492タカラレーベンR
 一部売却:なし
 売り切り:なし

2020年2月 月次マイナス12.55%・前年末比マイナス13.57%
 新規買い:6619ダブルスコープ、8570イオンフィナンシャルサービス、ロイヤルダッチシェルRDSB、9287ジャパンインフラ、3830ギガプライズ
 買い増し:7148FPG
 一部売却:なし
 売り切り:3908コラボス 3137ファンデリー

2020年1月 月次マイナス1.17%・前年末比マイナス1.17%
 新規買い:5949 ユニプレス
 買い増し:3562No.1、7148FPG
 一部売却:なし
 売り切り:なし

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2020年12月のパフォーマンスとポートフォリオ 目標達成

 月次+0.73%・前年末比+12.76%となりました。
※日本株・米国株合計を円ベースで計算しています。
※配当・税金込、月中の入出金や売却後の税金を考慮しています。
 今年の受取配当金の累計は、前年同月比で日本株11.95%増、米国株10.51%増となりました。
 通年は合計11.46%増となりました。
※今年の1月から今月・翌月までの受取配当金の累計を、日本株・米国株別に前年同月と比較しています。
※入出金、銘柄入替、各銘柄の増配・減配がダイレクトに影響します。
※米国株の配当はドルベースでの前年比ですが、通年の合計は年末のレートで日本円に換算しています。

 アセットアロケーション(資産配分%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 91.541←92.2(先月末)
≪主力≫
全国保証、シーティーエス、ベネフィットワン、情報企画、日本エスエイチエル、平山HD、
≪準主力≫
日本モーゲージS、ステップ、シイ・エム・シイ、CDS、ビジネスブレイン太田昭和、朝日ネット、SMS、ヒトコムHD、コーア商事HD、No.1、ブロードリーフ、トランザクション、タカラインフラF、ゲンキードラッグ、オリックス、明豊ファシリティ、グリーンクロス、東計電算、グッドコムアセット、日本商業開発、タカラリート、ユニリタ、
≪準準主力≫
マリモリート、オリジナル設計、ザイマックス、日本コンセプト、イオンモール、ソフトクリエHD、東京センチュリー、ココカラファイン、東京インフラF、イオンFS、毎日コムネット、ベルパーク、カチタス、セブン銀行、日本再生エネルギー、クレステック、TOKAI HD、イオンディライト、カナディアンソラ、SRAHD
≪圏外移動≫特種東海、アイ・ケイ・ケイ、
合計117銘柄(優待目的含む)
※主力・準主力・準準主力は保有銘柄の時価が一定ライン(=金額ですが非公開です)を超えたものです。
アンダーラインの銘柄は≪主力⇔準主力⇔準準主力⇔圏外≫の間を移動した銘柄です。
【外国株式】 3.28←3.20(先月末)
 MO MSI BTI 他 合計14銘柄
【現金等・外貨含む】 5.19←4.60(先月末)

 新規買い:なし
 買い増し:FCホールディングス、グリーンクロス、ジャパンインフラ、タカラインフラ、三菱商事、マイクロソフト
 一部売却:アイケイケイ
 売り切り:なし

 ユニリタが株価上昇により準主力となったほか、いくつかの銘柄の順位が変動しました。
 受取配当が多かったことと、長年保有していたアイケイケイの大部分を売却したことから、現金比率は上昇しました。
 受取配当は前年比二ケタの伸びで、当初の目標であった投資を始めた当時の年収を上回りました。

 コロナ禍の2020年も終わり、私はヒイヒイ年初来プラスを確保しましたが、研究熱心な方と差が付いてしまった感じですね(汗)。といっても、いきなり能力が上がるはずもないので、来年も、適度なキャッシュポジションを確保しながら受取配当を増加させるポートフォリオの構築に励みたいと思います。

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR