2017年7月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次+3.73%・前年末比+27.04%となりました(配当・税金込、売却後の税金を考慮)。

 アセットアロケーション(%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 96.77←(先月末)96.53
≪主力≫全国保証、シーティーエス、日本SHL、情報企画
≪準主力≫平山HD、イオンディライト、プロトコーポレーション、ベネフィットワン、ワッツ、ステップ、センチュリー21、CDS、ヒト・コミュニケーションズ、朝日ネット、アイ・ケイ・ケイ、創通、セブン銀行、オリックス、シイ・エム・シイ、TOKAIホールディングス
合計60銘柄以上(優待目的含む)
【外国株式】 3.20←(先月末)3.42
 IBM、MO他 合計14銘柄
【現金等・外貨含む】 0.03←(先月末)0.05
今月の売買
新規買い:なし
買い増し:アルトリアグループ、マリモ地方創生リート、ブロードリーフ
売り切り:瀧上工業
一部売却:なし

 今月はアルトリアグループとマリモ地方創生リート、ブロードリーフを買い増しました。資金のねん出のため、瀧上工業を売却しました。
 現金の比率は、以前としてほぼゼロです。
 受取配当金の累計(今年1月~今月)は、前年同月比21.4%増となりました。
 主力・準主力の株価が好調に推移していましたが、月末にかけ急落した銘柄が目立ちました。

 ブロードリーフの上方修正を受け、優待のグレードが上がる程度まで買い増しました。クオカードは出張先で重宝しますので、非常にありがたいです。

 いよいよ今年の後半がスタート。相変わらず資金を追加し、株を買っていますが、この好調な相場はいつまで続くのでしょうか。

スポンサーサイト

2017年6月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次+4.94%・前年末比+22.47%となりました(配当・税金込、売却後の税金を考慮)。

 アセットアロケーション(%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 96.53←(先月末)96.43
≪主力≫全国保証、シーティーエス、日本SHL、情報企画
≪準主力≫平山HD、イオンディライト、プロトコーポレーション、ベネフィットワン、ワッツ、ステップ、センチュリー21、CDS、ヒト・コミュニケーションズ、朝日ネット、アイ・ケイ・ケイ、創通、セブン銀行、オリックス、シイ・エム・シイ、TOKAIホールディングス
合計60銘柄以上(優待目的含む)
【外国株式】 3.42←(先月末)3.49
 IBM、MO他 合計14銘柄
【現金等・外貨含む】 0.05←(先月末)0.08
今月の売買
新規買い:フジ・コーポレーション
買い増し:アルトリアグループ、マリモ地方創生リート
売り切り:なし
一部売却:なし

 今月は優待銘柄としてフジ・コーポレーションを新規買い、アルトリアグループとマリモ地方創生リートを買い増しました。
 現金の比率は、以前としてほぼゼロです。
 受取配当金の累計(今年1月~今月)は、前年同月比22.0%増となりました。
 主力・準主力の株価が好調に推移し、良好なパフォーマンスとなりました。

 フジ・コーポレーションは業績・財務は問題ない上に、毎年4月に5000円分のギフトカードが貰えます。なぜ2008年辺りに買っておかなかったのかと後悔していましたが、2000円を割ったので買ってしまいました。アルトリアグループは利回り3%以上で増配中、マリモ地方創生リートは配当利回りが7%近くあります。

 今年も半分が過ぎました。私のポートフォリオは3月期一括配当が多いせいか、どうしても6月に配当金が集中し、年間のほぼ半分が振り込まれます。今年から実家に仕送りをすることになりましたが、配当金収入がそこそこの金額になってきたため、負担は小さく済んでいます。この13年間、資産運用をそこそこやっておいてよかったなと思いました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年5月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次+12.07%・前年末比+16.71%となりました(配当・税金込、売却後の税金を考慮)。

 アセットアロケーション(%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 96.43←(先月末)95.94
≪主力≫全国保証、シーティーエス、日本SHL、情報企画
≪準主力≫平山HD、イオンディライト、プロトコーポレーション、ベネフィットワン、ワッツ、ステップ、センチュリー21、CDS、ヒト・コミュニケーションズ、朝日ネット、アイ・ケイ・ケイ、創通、セブン銀行、オリックス、シイ・エム・シイ、TOKAIホールディングス
合計60銘柄以上(優待目的含む)
【外国株式】 3.49←(先月末)3.99
 IBM、MO他 合計14銘柄
【現金等・外貨含む】 0.08←(先月末)0.07
今月の売買
新規買い:平山HD
買い増し:アルトリアグループ
売り切り:なし
一部売却:なし

 今月は平山HDを新規買い、アルトリアグループを買い増しました。
 現金の比率は、以前としてほぼゼロです。
 受取配当金の累計(今年1月~今月)は、前年同月比19.6%増となりました。
 主力の全国保証、シーティーエス、準主力のCDSなどが見直され、良好なパフォーマンスとなりました。

 7781平山HDはブログ巡回中に投資されている方の記事を見て知り、ある程度のウェイトまで買いました。利益が低水準で推移しているため、チャートを見てもわかるとおりIPO時の株価を大きく下回ったままです。現在の株価でPBR=1倍程度、時価総額と保有現金がほぼ変わらない状態となっています。
 一方、売上高は大きく伸ばしており、会社計画では数年後に200億円(2016年度の約2倍)、将来は500億円(同じく5倍)を目指しています。今期予想純利益は1.32億円となっていますが、3Qまでの進捗を見る限り1億円も厳しいかもしれません。今後、配当を増加させ株価も見直されるためには、数年後売上が倍増した際に利益率が改善するかどうかにかかっています。株価は投資家の期待が感じられない配当下支え程度なので、下値リスクはある程度限定されていると考え、ポートフォリオに組み入れてみました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年4月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次+0.55%・前年末比+4.14%となりました(配当・税金込、売却後の税金を考慮)。

 アセットアロケーション(%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 95.94←(先月末)95.83
≪主力≫全国保証、シーティーエス、日本SHL、情報企画
≪準主力≫イオンディライト、プロトコーポレーション、ベネフィットワン、ワッツ、ステップ、センチュリー21、CDS、ヒト・コミュニケーションズ、朝日ネット、アイ・ケイ・ケイ、創通、セブン銀行、オリックス、シイ・エム・シイ、TOKAIホールディングス
合計60銘柄以上(優待目的含む)
【外国株式】 3.99←(先月末)4.12
 IBM、MO他 合計14銘柄
【現金等・外貨含む】 0.07←(先月末)0.05

今月の売買
新規買い:なし
買い増し:なし
売り切り:なし
一部売却:なし

 今月は売り買いともになし、受取配当金のお陰でキャッシュが若干増えました。
 現金の比率は、以前としてほぼゼロです。
 受取配当金の累計(今年1月~今月)は、前年同月比28.7%増となりました。

 本日、主力銘柄を始めポートフォリオのかなりの銘柄が決算を出していますので、明日以降に順次レビューしていきたいと思います。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

パフォーマンスの計算方法(2017年版)

 私は毎月パフォーマンスを計算しています。自分の投資の時間軸では多い気もしますが、最初からやってしまっているのでまあ惰性です。修正ディーツ法を使用されている方が多いようですが、私はより単純なディーツ法を利用しています。なお、「時価」には証券口座を通じて入金された配当やキャッシュポジションが含まれているものとします。

月次パフォーマンス【信用取引なし】=今月末の時価÷(先月末の時価+入出金)-1
月次パフォーマンス【信用取引あり】=(今月末の時価+今月末信用含み損益)÷(先月末の時価+先月末信用含み損益+入出金)-1
年次パフォーマンス=(1月の月次パフォーマンス+100%)×(2月の月次+100%)×……×(12月の月次+100%)-100%

 わかりやすく、例を上げて計算してみます。

【1月】

12月末の時価=100万円
1月末の時価=121万円
1月中の入金=10万円

121÷(100+10)-1=0.1
 →1月のパフォーマンスは+10%

【2月】
1月末の時価=121万円
2月末の時価=114万円
2月中の出金=1万円
114÷(121-1)-1=-0.05
 →2月のパフォーマンスは-5%

 1月が+10%、2月が-5%、3月が+15%とすると、3月までの年次パフォーマンスは次のようになります。

(10%+100%)×(-5%+100%)×(20%+100%)-100%
=1.1×0.95×1.2-1
=1.254-1=0.254
→年次パフォーマンス25.4%

 投資信託のようにパフォーマンスを厳密に計算したいのであれば、資金を出し入れしたタイミングを考慮して計算すればよいのですが、個人投資家の場合は他人の資金を預かって運用するわけでなく、そこまでの厳密さは必要ないと考えて自分の計算方法を使用しています。入出金のタイミングによる誤差は長期的に平均化されるはずですし。

 私は配当もパフォーマンスに含めて計算していますが、各種指標と比較するため配当を含めたくない場合は、月中の受取配当金は入金と考え、次の計算式を使います。(最初に記載したとおり、「時価」には証券口座を通じて入金された配当やキャッシュポジションが含まれているものとします。)

月次パフォーマンス【信用取引なし】=(今月末の時価)÷(先月末の時価+入出金+今月中の受取配当金)-1
月次パフォーマンス【信用取引あり】=(今月末の時価+今月末信用含み損益)÷(先月末の時価+先月末信用含み損益+入出金+今月中の受取配当金)-1
年次パフォーマンス=(1月の月次パフォーマンス+100%)×(2月の月次+100%)×……×(12月の月次+100%)-100%

 売買時の税金を考慮する場合は、「先月末の時価」と「今月末の時価」を次の式で修正します。信用取引をされている方は、「信用含み損益」も同様の計算をされるとよいでしょう。

修正先月末の時価=先月末の時価-(先月末の含み益)×源泉徴収税率
修正今月末の時価=今月末の時価-(今月末の含み益)×源泉徴収税率

 税金を考慮してもしなくても、売買した時点で税金が発生してパフォーマンスに反映されるため、おそらく長期的には同じ結果になりますが、含み損益の大きい銘柄の売買をした月のパフォーマンスが大きく低下あるいは向上します。


以上をまとめると、次のようになります。

(A)先月末の時価(現物のみ)
(B)先月末の含み益(現物のみ)
(C)先月末の信用含み損益
(D)月中入金額
(E)月中出金額
(F)月中配当金額
(a)今月末の時価(現物のみ)
(b)今月末の含み益(現物のみ)
(c)今月末の信用含み損益
(T)税率

信用取引をやっていない人は、Cとcがゼロになります。
税金を考慮しなくて良い人は、Tがゼロになります。
配当が「時価」に含まれると仮定し、配当を含めて計算する場合は、Fがゼロとなります。

月次パフォーマンス=(a-b*T+c-c*T)/(A-B*T+C-C*T+D-E+F)-1

2017/4/7 表記が一部間違っていたので修正しました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR