震災に思う

 熊本で震度7の地震があったそうで、先ほどのニュースでは既に9人の死亡者が出ているとのこと。ご冥福をお祈りするとともに、行方不明者の発見と重軽傷を負った方々の早期回復、避難者の一刻も早い生活への復帰を願うばかりです。

 震災発生時は食料の奪い合いや強盗など、火事場泥棒的なモノが発生するモノですが、日本人は配給の列にきちんと並び、むしろ譲り合いなどをするシーンを海外メディアはほめたたえていました。しかし、建設株や仮設住宅関連の銘柄は大抵みなおされます。そもそも、マーケットは儲けるチャンスを狙って参加するモノなのでどんな投資をしてもかまわないと思うのですが、それを喜んで呟くのはちょっとどうかと考えてしまいます。私も2011年の震災直後は余震で夜も深く眠れない日々を過ごしたので、翌週に東京電力トレードで盛り上がっていたのを見た時には正直複雑な気持ちでした。

 長期の出張が間近に迫っているので、今後は自分の事にかかりっきりの日々を過ごすことになりそうですが、その中でも何か自分にできることを少しでもしようと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

優待タダ取りについて

 権利日近くになると優待タダ取りについてのツイートやブログの書き込みを多く見かけるようになります。それ自体は悪いことではないですし、一日でも株主は株主、そういう仕組みになっているのですから取りに行く人がいるのは全く不思議ではありません。私は面倒だからやらないだけで、やる人は取引を通じマーケットの活性化に寄与していますし、また上場会社にとっても期末に相応数の株主を確保する目的もあるのでしょうから。そして、上場会社側としても負担であったら止めるなり、長期株主に限定するなりする権利があるわけですから、そのタダ取りの行為自体をいろいろ言う人はいるかもしれませんがなんの問題もないと思います。

 ただ、これを証券会社が奨励するのはどうかなと感じます。
 そもそも、上場時に手数料を稼ぎ、株を売買させて手数料を稼ぎ、株を預かって手数料を稼ぎ、投資信託を売って手数料を稼いだ上に集めた資金で上場株式を売買して手数料を稼いでいるわけです。その上、自己売買なんかしちゃったりして。それだけ上場会社を利用して稼いでいる証券会社が、意図的に会社の負担を増やす優待タダ取りを奨励するのはどうなんでしょうね。少しだけ違和感を感じるのは私だけでしょうか。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダイヤモンドザイ5月号に掲載されます


【↑↑↑↑↑ クリックすると、詳細ページに飛ぶことができます】

 先日ダイヤモンド社の取材を受け、3月19日に発売になるダイヤモンド・ザイ5月号にその記事が掲載されることになりました。「正しい日本株の儲け方」という特集の中で、53ページの「勝ち組個人投資家の儲けワザ」というコラムに掲載されています。ちなみに、同じコーナーにロックオンさんも掲載されていました(笑)。

 この手の雑誌は売れ行きを意識すれば読者さんの喜びそうな記事に偏らざると得ないと思うのですが、ザイは単なる高配当株ではなく増配に注目して欲しいことをきちんと掲載して下さったほか、176ページからは毎月分配型投信の「本当の利回り」を検証するなど、読者に本当に必要な情報が盛り込まれています。投資が初めて、あるいは関わって間もない人がザイを手に取り、将来資産を築いてくれると嬉しいですね。

 最後に、意図を正しく汲み取って記事にして下さったダイヤモンド社のK様に感謝いたします。

※今回のエントリーはアフィリエイトが含まれています。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

年初からの株価下落に関して2

 今日も若干反発したかと思いきや、引けにかけて結局下落しました。こんな時は黙ってセンチュリー21でも買うしかありません(買い煽り&ポジショントーク100%です)。
 冗談はさておき(センチュリー21は実際買いましたけどね……)、こういう急落場面では私は自分が株式投資をしている理由を考えることにしています。プロフィールに書いてある「自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します」ってやつです。
 株式投資で大きく人を出し抜くのはかなりの努力と才能を要すると思っています。そして、それは自分にはないものです。才能のない自分が投資で儲けるためにできることは、割安成長株をホールドし、その利益成長の恩恵にあずかることです。努力は大切ですが、才能がないのに努力してもマーケットは容赦ありませんので、あっというまに努力を無にします。というわけで、私は短期の株価変動に対応することをあきらめてしまっています。
 これに関しては色々な意見があると思いますが、私はどんな相場の時も儲け続けなくてはいけないわけではありません。もちろん株で資産形成してアーリーリタイアしたい気持ちは変わりませんが、私の事ですから上手く立ち回ろうとすれば、逆に上手く立ち回れずに立ち直れないほどの損失を被ることになりそうです。

 偉そうに書きましたが、結局はこういう相場では思考停止し何もできないというのが本音です。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

年初からの株価下落に関して

 年初から株価が連日下落していますね。マイポートフォリオは主力3銘柄が東証一部ですので、今のところマイナス4.8%を喰らってます。かといって、自分が欲しい銘柄となるとそれほど下落しているわけでもなく、残念ながら静観している状態です。静観といっても株価が気になって心は落ち着きませんが。
 こういう状態に私は悲観したりリバウンド狙いで燃えたりするほど相場に熱くなく、せいぜい株価が上昇していた時には毎日計算していたパフォーマンスを現実逃避して止めるくらいです。冷静と言えばカッコいいのですが、実のところどうしていいのかわからないのでじっとしているというのが本音です(汗)。
 まあ、ほどほどの生活防衛資金を確保して、多少の事にも動じないスタンスでマーケットに挑むしかないのかなと思っています。自分がそこまで本気でないのなら、多少の相場のブレにも心もマイポートフォリオも対応できるスタンスで挑むしかありません。自分が配当を重視する理由もそこにあって、例え株価が半減しても配当まで半減するわけではありません。むしろ下落した方が、追加キャッシュで配当を増やすことができるわけですから。もちろん、高いところで売って、安いところで余分に買い戻して配当を沢山もらえればそれに越したことありませんけどね……自分にはできる気がしないです。
 ということで、先週はじっとしていたり、たまにセンチュリー21買ったりしていました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR