FC2ブログ

株主優待を廃止するには

 私は株主優待が届くと嬉しい方ですが、同時に何故こんなコストや手間のかかる制度がなければならないのかという思いもあります。やはり株式会社は配当なりマーケットでの評価なりで株主に報いるべきで、例えば3000円の優待を3000人の株主に実施している企業は、額面で見れば900万円の優待を実施しているわけです。しかし実際には、優待の送付に際しての梱包や送料、人件費など見た目の額面の数倍のコストがかかっている可能性があります。仮に5倍だとすれば4500万円。中小企業であればそれなりの負担となりますし、これだけのコストがかかるなら、やはり配当や自社株買いで株主に還元すべきでしょう。
 自社の製品やサービスの割引券を優待として送り、商品やサービスへの理解を深めてもらうための販促ツールの一つとして優待を付与するなら良いと思います。株主が将来の顧客になる可能性も大いにあり得ます。まあ、以前株主だった某社が株主でなくなった後も販促品を送ってきたのはやり過ぎの様な気がしますが……。
 しかし、実際には事業と全く無関係なクオカードやカタログギフトなどを優待として用意する会社の方が圧倒的に多いような気がします。それだけコストを掛けても優待を実施する狙いはただ一つで、個人株主数や取引高を増やして上場基準を維持するためでしょう。となると、株主優待を廃止するためには、優待以外に株主数を確保する施策を導入するか、そもそもの上場基準を緩くするしかありません。上場基準を緩くするのはさすがに難しいと思うので、株主数を確保するための施策を考えた方が現実的だと思います。

 まず、社員持ち株会で社員が積み立てている自社株は現状では持ち株会名義となっていますが、社員一人一人の個人名義とすると良いのではと思っています。現状は積み立てていれば当然「株式会社ABCの持ち株会」ということになってしまいますが、社員が全員株主になれば小さな会社でも数十人~数百人の社員株主を確保できます。
 また、単元を小さくすることにより個人でも買いやすくなるため、株主の確保につながると思います。
 IRイベントなどの効果もそれなりにあるので、各企業がもっと積極的に利用しないかなと思いますね。

 とはいえ、上記の施策だけでは、残念ながら数百数千の株主を確保するためにはインパクトが弱そうです。余程有名な会社ならともかく、ニッチなジャンルの小規模な会社であれば、個人も機関投資家も株主の確保は難しいでしょう。となると、インカムゲインを得る手段として、株式が魅力的な対象となるのはどうでしょうか。単純に値上がり益には課税するけど配当は無税とか……わかっている人なら有難いですが、優待ほどはインパクトなさそうです。考えらるのは株価の変動リスクの小さいトヨタ自動車が以前発行した種類株式などを発行するとかでしょうか。この時はニュースにもなったからか、普段預貯金にしか興味がなさそうだった友人が欲しがっていましたので、個人のニーズは必ずあると思います。
 何だかんだ言っても、結局は「株式投資が有利な資産形成手段である」ということを認識した個人が増えるしかありませんね。

2018/11/19 一部修正しました。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

消費税10%、来年10月 2%ポイント還元案に思う

 あまり経済関係のニュースをこのブログで取り上げることはありませんでしたが、このニュースに思うところがありましたので少しだけ。
 消費税の増税は直間比率の是正や各種政策の財源確保など様々な目的はあると思いますが、同時にキャッシュレス決済を進めるためにポイント還元で促進するとか。でも、中小の小売店にとってレジを電子マネーやカード決済に対応するには負担が大きいところもあるでしょうし、決済の手数料もバカにならない上に現金化に時間がかかるとあってはたまったものじゃないと思います。契約違反なのを承知でカード決済は5%増しとか、現金なら5%引きとか普通にありますから。かくいう私も通販サイトで、メールで「現金で支払ってくれたら5%引きにするけどどうか」と交渉されたことがあります。
 キャッシュレスを促進するには、導入する小売店側の負担を減らすほうが効果的で、手数料を大幅に下げ、カード決済から現金化の期間を短くすることが必須でしょう。さらに、消費者にポイント還元するくらいなら小売店にキャッシュバックして負担を減らしてはどうでしょうか。キャッシュレス決済の導入した店舗の客足が伸びれば、最終的に機器導入費用と手数料分を吸収できることでしょう。
 キャッシュレス決済が進むのは良いことだと思いますが、セブン銀行の減益要因となるため株主の私としては若干気まずいのです。しかし、キャッシュレス決済が進んだ場合は、あの赤いATMがプリペイドカードのチャージ端末として活躍するのではないかと妄想中です。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

四季報の通読2018年第3集

 今回も3日間かけて通読しました。
 1日1300銘柄で3日と計画し、最後は今日が休みだったので遅い昼食をステーキガストでとって、そのままドリンクバーで粘りながらの通読になりました。昼少し過ぎのステーキガストは閑散としていて静かで、読書的な事にはもってこいでしたが、流れている音楽がジャズだったので何回か手が止まってしまいました(笑)。最終的に気になる40銘柄に付箋を入れ、そこから12銘柄に絞って持ち帰りました。半分は昔から知っていたけど触ってない銘柄、半分は殆ど知らないか名前くらいは知っているけどという銘柄で、やはり毎回見ているつもりで見逃しているんだなと痛感。そして、その間に手の届かない株価に……(泣)。さらに絞り込み、年内にいくつかは買いたいなと思っています。今からSBI証券のポートフォリオに入れ、買いチャンスを待ちます。ここしばらくの私の四季報通読選出銘柄はパフォーマンスが不調なので、焦ることはないと思っているのですが(汗)。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

四季報の通読2018年第2集

 なんとか3日間かけて通読しました。目を引いたものをSBI証券のポートフォリオに片っ端から入れ、特に面白そうだったのは付箋を入れました。今回は売上と利益を中心に見ていきましたが、当然ながらどんどん成長しているのに無配や固定の配当の会社があれば、利益の伸びと同様(あるいはそれ以上)に配当を伸ばす会社とがあります。勿論後者の方が個人的には嬉しいですが、何か考えがあって無配や固定にしている会社もあり、将来的には出し惜しみしている会社の方が面白い場合もあります。マイポートフォリオの大部分が増配株ではありますが、別に拘っていません。主力の平山は全然違うスタンスで投資していますし、インフラファンドもグイグイ増配するタイプのアセットとは思っていません。ただ、個人が資産形成に有利なのはやはり株式投資であると思いますし、あまり銘柄研究に時間を振り向けられない個人投資家が取り組むなら増配株に分散投資しておけばあまり大きな損失にはならないのではないかと思っています。実際、自分の投資の6~7割程度は増配株ですし、そして平山も利益率が改善されれば将来的に増配株になって行くのではないかと考えています。

 さて、今回目にした銘柄をさらに絞り込んでいくのは時間がかかりそうです。「よーし、今すぐ買ってやるぜ!」という銘柄は自分の中では発見できなかったので(ツイッター界隈で銘柄を伏せながら喜んでいる人を見ると羨ましいです……)、決心したころには上がってしまうかもしれませんね。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダイヤモンドザイ4月号に掲載されました



 ダイヤモンドザイ4月号の「高配当株で1億円!」というコーナーに掲載されました(28ページに掲載されています)。聞いたところによると、最近は高配当株の特集が好評だそうで、時代もかわりましたね。

 個人的に興味を持ったのは、29ページの下に掲載されている藤田さん(投資家・60歳)です。40年で5千万円を2.5億円と成績は目を引くほどではないのですが、ネットなどで情報を得る術がない40年前、どのようなきっかけで配当株への投資を開始されたのでしょうね?

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR