FC2ブログ

IR-4659エイジス 業績予想の修正

 4659エイジスから「業績予想の修正に関するお知らせ」がリリースされています。
 バリュー投資を始めた頃に購入し2008年に手放したエイジスですが、リテイルサポートサービスが売上・利益を牽引し、業績が好調に推移しているので2020年に12年ぶりに買い戻しました。ビビって少ししか買い戻していない事を絶賛後悔中です(涙)。

2021(R03)/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/5825/470/492/287
前期比%/-2.6/+14.0/+14.1/+2.5
2Q予/13020/1480/1499/943
前期比%/-2.6/-14.3/-14.7/-21.9
2Q修正/13130/2060/2130/1370
2Q実////
前期比%////
3Q実////
前期比%////
4Q予/28000/3900/3943/2637
前期比%/-1.4/-8.8/-9.2/-12.4
4Q修正/28000/4400/4462/2968
4Q実////
前期比%////

配当推移
1993(H05)/3 1.89(1000)
1994(H06)/3 1.89(1000)
1995(H07)/3 1.89(1000)
※1995/8/10 1:200分割
1996(H08)/3 1.89(5)
1997(H09)/3 3.79(10) ※株式公開記念配5円含む
1998(H10)/3 2.84(7.5)
1999(H11)/3 4.73(12.5) ※創立20周年記念配5円含む
2000(H12)/3 5.68(15) ※本社移転記念配5円含む
※2004/5/19 1:1.2分割
2001(H13)/3 7.95(17.5) ※記念配5円含む
2002(H14)/3 9.09(20) ※記念配5円含む
2003(H15)/3 11.36(25) ※記念配5円含む
2004(H16)/3 11.36(25)
※2004/5/20 1:1.1分割
2005(H17)/3 15(30)
2006(H18)/3 17.5(35)
2007(H19)/3 21.25(42.5) ※記念配2.5円含む
2008(H20)/3 22.5(45)
2009(H21)/3 22.5(45)
2010(H22)/3 22.5(45)
2011(H23)/3 22.5(45)
2012(H24)/3 22.5(45)
2013(H25)/3 22.5(45)
2014(H26)/3 22.5(45)
2015(H27)/3 22.5(45)
2016(H28)/3 25(50)
2017(H29)/3 40(80)
※2017/4/1 1:2分割
2018(H30)/3 55 ※記念配5円含む
2019(H31)/3 65
2020(R02)/3 72
2021(R03)/3 72予

スポンサーサイト



テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

1Q-4659エイジス

 4659エイジスから「2021年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」がリリースされています。
 ここ何年か業績が好調なうえ、今回の第1四半期が好調な様子なので2008年8月に手放して以来、12年ぶりに買い戻しました。現在はリテイルサポートサービスが売上・利益を牽引しているのですね。

2021(R03)/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/5825/470/492/287
前期比%/-2.6/+14.0/+14.1/+2.5

2Q予/13020/1480/1499/943
前期比%/-2.6/-14.3/-14.7/-21.9
2Q実////
前期比%////
3Q実////
前期比%////
4Q予/28000/3900/3943/2637
前期比%/-1.4/-8.8/-9.2/-12.4
4Q実////
前期比%////

配当推移
1993(H05)/3 1.89(1000)
1994(H06)/3 1.89(1000)
1995(H07)/3 1.89(1000)
※1995/8/10 1:200分割
1996(H08)/3 1.89(5)
1997(H09)/3 3.79(10) ※株式公開記念配5円含む
1998(H10)/3 2.84(7.5)
1999(H11)/3 4.73(12.5) ※創立20周年記念配5円含む
2000(H12)/3 5.68(15) ※本社移転記念配5円含む
※2004/5/19 1:1.2分割
2001(H13)/3 7.95(17.5) ※記念配5円含む
2002(H14)/3 9.09(20) ※記念配5円含む
2003(H15)/3 11.36(25) ※記念配5円含む
2004(H16)/3 11.36(25)
※2004/5/20 1:1.1分割
2005(H17)/3 15(30)
2006(H18)/3 17.5(35)
2007(H19)/3 21.25(42.5) ※記念配2.5円含む
2008(H20)/3 22.5(45)
2009(H21)/3 22.5(45)
2010(H22)/3 22.5(45)
2011(H23)/3 22.5(45)
2012(H24)/3 22.5(45)
2013(H25)/3 22.5(45)
2014(H26)/3 22.5(45)
2015(H27)/3 22.5(45)
2016(H28)/3 25(50)
2017(H29)/3 40(80)
※2017/4/1 1:2分割
2018(H30)/3 55 ※記念配5円含む
2019(H31)/3 65
2020(R02)/3 72
2021(R03)/3 72予

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-4659エイジスの自社株買い

 先日4659エイジスから自社株買いのリリースがありましたが、今朝実施されました。上限30万株に対し、取得した株式の総数 211,800株でしたのでまあまあかな。4659エイジスはここ数年チマチマと自社株買いしているようなのですが、PBRが2.5倍ですから株主価値の向上に大きく寄与するかどうかちょっと微妙なところですね。ビジネスモデルは悪くないと思うのですが、ライバルも頑張っているせいか利益率も低下傾向ですし、様子見中です。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-4659エイジス自社株買い 他 売買

 4659エイジスが「固定価格取引による自己株式の買付けに関するお知らせ」をリリースしました。30万株(発行済株式総数(自己株式を除く。)に対する割合 5.87%)ですので、結構な株数ですね。現在の自己株式は272,234株ですので、一気に倍増します。

 BSPの売却代金で、伊藤園優先株式、TOW、昭栄、アッカ、スルガ、アサックス、セブン銀行を少しずつ買いました。とりあえずBSPをそのまま持っていたのと同じだけの配当は貰えそうです。

 伊藤園優先株式……配当利回り4%+優待あり。普通株との価格は議決権を考慮してもちょっと開きすぎがします。
 TOW……業績好調なのに低PER、6%をこえる高配当。過去数年の利益はブレ気味で市場の信頼薄。ビジネスモデルも評価し難い。
 アッカ……低PBR&PER高配当。移ろいやすいビジネスモデルで、今まさにDSLが落ち込み気味だがイーアクセスとの資本業務提携はモバイル分野での成長のチャンスか?
 昭栄……REIT代わりに。不動産価格の下落は投資チャンスか?
 スルガ……優待狙い&業績好調。利益はぶれ易いが今期はとりあえず好調。
 アサックス……優待狙い&業績好調。利鞘が縮小傾向にあるのが懸念事項。利回りの高すぎる優待も怪しさ満点。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

分析-4659エイジスの過去の自社株買い

17年度
17年11月 9日 20万株決議 → 10万株取得(固定価格)
18年 2月 1日 10万株決議 → 10万株取得(固定価格)

18年度
19年 2月 1日  4万株決議 →  4万株取得(市場取引)

19年度
なし

20年度
20年 7月 3日  6万株決議

 前回、前々回の自社株買いの際は、決議した分すべてを年度内に買い付けています。17年度も結局決議しなおしていますが、20万株予定をすべてクリアしたと言えそうです。エイジスは市場ではそこそこに評価されており、PBR、PER面から見た割安度はそれほど魅力的とも思えないのですが、今後も年10%程度の成長が見込めるのだとすれば、余剰資金で自社株買いをするのは妥当といえそうです。
 国内の競合も頑張っているせいでしょうか、残念ながら利益率は低下傾向にありますので、自社株買いと韓国・中国子会社や人材派遣会社の成長に期待したいところです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR