FC2ブログ

IR-7192日本モーゲージ 個人投資家向け IRセミナー

 「日本証券アナリスト協会主催 個人投資家向け IRセミナー」に参加し、準主力銘柄の日本モーゲージの説明を聞いてきました。
 社長は懸命に事業内容を説明していましたが、質問の最後に「個人投資家向けには配当とか株主還元をどうするのかの説明をしろ」とか、質問終了後に社長のところへ「総会にお土産を」とか、残念な感じでした。
 利己的で個人的な考えを言わせてもらえれば、この会社の事業はシンプルで利益を上げやすいのに一般的でなく理解しにくいままでいてくれた方が、株価は安く維持され買い安心感があるのでありがたいです。しかし、社長としてはPER10倍を切る現在の株価は不満で、IRに力を入れていると説明されていました。良いことも悪いことも正直に話されていたので好感は持てましたが、あの説明では逆に不安になってしまう人もいるかもしれませんね。
 残念ながら質問は私の前に切られてしまったのですが、その後で社長とお話しすることができました。オフバランス化によって自己資本比率を上げた結果、銀行の融資条件が改善したことなどを確認できたので目的は達成しました。

スポンサーサイト



テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

決算-9284カナディアン・ソーラー

 9284カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人から「2019年6月期 決算短信(インフラファンド)」がリリースされています。次期以降の分配金も僅かに上方修正されており、出力制御の影響は些少で済んでいるようです。

分配金の推移
※年月が決算期を示し、すぐ右横の数字がその期の当初の予想分配金(予)、分配金予想が修正されるごとに矢印の右の数字が追加され、右端の数字が最終的な分配金額となります。
2018(H30)/6 2029予→2004-2033修→2047修→2062修→2200修→2350修
2018(H30)/12 3449予→3445-3452修→3453修→3539修→3600修
2019(H31)/6 3434予→3432-3437修→3439修→3523修→3600修→3650
2019(H31)/12 3600予→3650修?
2020(R02)/6 3600予→3650修→?
2020(R02)/12 3650予→?

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

決算-9282いちごグリーンインフラ投資法人

 9282いちごグリーンインフラ投資法人より「2019 年 6 月期 決算短信(インフラファンド)」「2019年6月期(第4期)決算説明資料」が8月9日付でリリースされています。発電量が予想を上回り、営業収益・純利益ともに予想を上ブレて着地しました。
 9282いちごグリーンインフラは10か年長期分配金予想を公表しており、また発電量等をリアルタイムで配信しているなど投資家の関心を引き出すようなIRを積極的に実施しています。反面、他のインフラファンドと比較して利益超過分配の割合が高いので注意が必要だと考えています。

【9282いちごグリーンインフラ:配当金推移】
※カッコ内は分割考慮前
2017(H29)/6 1616予→1597-1610修→1610修→1708修→1830修→2139修
        (3232予→3195-3220修→3220修→3417修→3660修→4278修)
------2018/1 1:2分割
2018(H30)/6 2907予→2877-2897修→2897修→3045修→3590修→4226修
        (5814予→5754-5794修→5794修→6091修→分割)
2019(R01)/6 3560予→3865
2020(R02)/6 3580予
2021(R03)/6 3820予
2022(R04)/6 3945予
2023(R05)/6 4095予
2024(R06)/6 4065予
2025(R07)/6 3885予
2026(R08)/6 3540予

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

配当金の状況 2019/8

 1月から今月末時点の受取配当金の累計は前年比約20%増となりそうです(注1)。
 今月に入ってからは、主力の平山の株価が軟調なためパフォーマンスは冴えませんが(本当は怖くて計算してません 汗)、こういう時に集中投資していなくて本当に良かったと思います。また、平山は購入して3~4倍になった時に半分売っており、トータルで十分な利益が出た上で保有しているので、今回のように子会社間の問題で本体にほぼ影響がなさそうな場合は(注2)、マーケットの動向に左右されずにじっくりと保有できます。

注1:米国株は比率が小さいため、12月末に通年の日本株の配当金に為替レートを加味して合計していますので、11月までの前年比には含まれていません。
注2:あくまでも現時点の私の判断で、本当は影響があるかもしれません

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

1Q-3817SRAHD

 3817SRAHDより「2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」がリリースされています。為替差損で経常利益、有価証券の評価損による特別損失で純益がガックリ減って残念なので、コメントはありません(涙)。SRAホールディングスは2015年6月に一度売却しましたが、その後2018年に買い戻しました。

2020.3
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/10012/824/674/53
前年比%/+2.5/+11.6/-32.1/-89.3
2Q予/20200/1950/2000/1070
前年比%/+1.2/+12.9/-6.5/+25.7
2Q実////
前年比%////
3Q実////
前年比%////
4Q予/41700/4500/4600/2500
前年比%/+2.2/+10.3/+2.9/+23.5
4Q修////
4Q実////

2019.3
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/9766/738/993/499
前年比%/3.7/10.9/56.9/16.2
2Q予/19000/1850/1850/1200
2Q実/19959/1727/2139/851
3Q実/29831/2739/3074/1505
4Q予/40000/4400/4400/2800
4Q実/40793/4078/4469/2023

【配当金の推移】
※括弧内は分割考慮前
2007(H19)/3 25.00
2008(H20)/3 25.00予→40.00
2009(H21)/3 40.00
2010(H22)/3 40.00
2011(H23)/3 40.00
2012(H24)/3 40.00
2013(H25)/3 40.00予→45.00
2014(H26)/3 40.00
2015(H27)/3 45.00予→55.00
2016(H28)/3 65.00予→70.00
2017(H29)/3 85.00予→90.00
2018(H30)/3 110.00(記念配当10円含む)
2019(H31)/3 105.00予→110.00
2020(R02)/3 110.00予

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

1Q-3252日本商業開発

 3252日本商業開発から「2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」「2020年3月期 第1四半期 決算説明資料」がリリースされています。横ばいの配当をそろそろ増やしてくれないかと妄想しつつホールドです。

2020/3
1Q実/8615/475/308/205
前期比%/-51.1/-76.0/-85.7/-86.6

4Q予/50000/5000/4000/2700

2019/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/17635/1982/2156/1533
前期比%/408.8/782.3/683.2/734.1
2Q実/18705/1590/1728/1721
前期比%/244.1/703.5/-/-
3Q実/20875/1517/1680/1148
前期比%/73.2/76.5/240.8/268.2
4Q予/32500/3740/3240/2160
4Q修/39600/4400/3900/2400
4Q実/39834/4446/4327/2684
前期比%/27.4/20.7/42.2/37.1

2018/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/3466/224/275/183
2Q実/5463/198/-246/-202
3Q実/12054/859/493/311
4Q予/31100/2600/2000/1400
4Q修/31200/3700/2900/1930
4Q実/31260/3684/3044/1958

【3252日本商業開発 配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2008(H20)/3 3.33(4000)
2009(H21)/3 0
2010(H22)/3 0
2011(H23)/3 0.83(1000)
2012(H24)/3 3.33(4000)
2013(H25)/3 5.83(予3000→修5000→7000)
-----2013(H25)/4 1:100分割
-----2013(H25)/7 1:4分割
2014(H26)/3 11.67(予70.00→修17.50→修27.50→35.00)
-----2014(H26)/8 1:3分割
2015(H27)/3 予45.00→修27.00→30.00
2016(H28)/3 予35.00→45.00
2017(H29)/3 予50.00→55.00
2018(H30)/3 55.00
2019(H31)/3 55.00
2020(R02)/3 55.00予

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2Q-9386日本コンセプト

 9386日本コンセプトより「2019年12月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」がリリースされています。
 1Qに続いて悪くないので、このままでは4年連続横ばいになってしまう配当をそろそろ増やしてくれませんかね。

2019/12
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/3108/481/476/335
2Q予/6213/956/938/651
2Q実/6341/1013/997/699
3Q実////
4Q予/12710/1985/1950/1349
4Q実////

2018/12
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/2957/435/418/293
2Q予/5989/969/945/653
2Q実/5931/887/878/615
3Q実/9014/1411/1406/977
4Q予/12284/1935/1877/1298
4Q実/12165/1939/1914/1346

2017/12
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/2757/504/484/342
2Q予/5545/990/957/674
2Q実/5638/967/926/649
3Q実/8619/1470/1404/978
4Q予/11024/1790/1725/1213
4Q実/11705/1865/1772/1245

2016/12
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/2762/543/488/335
2Q予/5929/1155/1079/733
2Q修/5431/982/875/596
2Q実/5431/982/875/596
3Q実/7925/1418/1277/858
4Q予/11830/2230/2080/1410
4Q修/10336/1565/1390/944
4Q実/10494/1716/1583/1079

【9386日本コンセプト:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2009(H21)/12 3.33(10000)
2010(H22)/12 3.33(10000)
2011(H23)/12 3.33(10000)
-----2012(H24)/6 1:1000分割
2012(H24)/12 10.00(30.00)
2013(H25)/12 10.00(30.00)
2014(H26)/12 18.00(54.00)
-----2015(H27)/10 1:3分割
2015(H27)/12 20.00(27÷3+11)
2016(H28)/12 30.00
2017(H29)/12 30.00
2018(H30)/12 30.00
2019(H31)/12 30.00予

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2Q-2169CDS

 2169CDSから「2019年12月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」がリリースされています。先日の上方修正値をさらに上回っての着地です。
 2169CDSは2011年11月に購入しているので、間もなく保有8年になります。購入当時は配当増加が顕著なのにPER6倍と割安でした。一時配当が伸び悩みましたが、再び増収増益増配路線に回帰しています。通期も上方修正し、ついでに今期の配当を50円にして13年で10倍を達成してくれないかと妄想中です。

2019/12
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/3383/440/436/269
2Q予/4624/620/613/399
2Q修/5650/705/700/420
2Q実/5695/740/734/468

3Q実////
4Q予/9051/1360/1345/867
4Q修////
4Q実////

2018/12
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/2284/310/306/209
2Q予/4302/531/523/327
2Q実/4300/568/560/375
3Q実/6495/878/870/570
4Q予/9025/1195/1180/737
4Q実/9155/1297/1288/853

2017/12
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/2348/391/388/260
2Q予/4140/506/499/306
2Q実/4197/577/577/389
3Q実/6263/813/816/515
4Q予/8440/1073/1061/648
4Q実/8502/1052/1059/670

【2169CDS:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2006(H18)/12  5.00(1,000)
2007(H19)/12  6.00(1,200)
2008(H20)/12 10.00(2,000)
2009(H21)/12 10.00(2,000)
2010(H22)/12 16.50(3,300)
2011(H23)/12 22.50(4,500)
2012(H24)/12 29.50(5,900)
------2013(H25)/1 1:200分割
2013(H25)/12 36.00
2014(H26)/12 36.00
2015(H27)/12 36.00
2016(H28)/12 38.00予→40.00
2017(H29)/12 40.00
2018(H30)/12 40.00予→44.00修
2019(R01)/12 48.00予→?

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-7812クレステック

 7812クレステックより「2019年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」がリリースされています。

2020/6
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実////
前期比%////
2Q実////
前期比%////
3Q実////
前期比%////
4Q予/18015/1000/902/480/
前期比%/+2.1/+4.7/+6.1/+4.4
4Q修////
4Q実////
前期比%////

2019/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/////
前期比%/////
2Q予/////
2Q実/////
前期比%/////
3Q実/////
前期比%/////
4Q予/////
4Q修////
4Q実/17642/955/851/460/
前期比%/+2.0/+19.3/+12.7/+17.5/


【配当金の推移】
2011(H23)/6 5(500)
2012(H24)/6 5(500)
2013(H25)/6 5(500)
2014(H26)/6 5(500)
※-----2015/4 1:100分割
2015(H27)/6 30
2016(H28)/6 20
2017(H29)/6 37
2018(H30)/6 39
2019(R01)/6 46
2020(R02)/6 48予

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

1Q-9994やまや

 9994やまやから「2019年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」がリリースされています。早くもハラハラさせるような決算ですが、きっと中間と通期は盛り返してくれるだろうと期待しつつホールドします。

2020/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/41733/1272/1303/569
前期比%/+2.2/-25.0/-23.5/-29.4

2Q予/87600/3100/3100/1500
2Q実////
前期比%////
3Q実////
前期比%////
4Q予/175000/7000/7100/3250
4Q修////
4Q実////
前期比%////

2019/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/40835/1697/1703/806
前期比%/-3.6/+19.6/+17.3/+36.2
2Q予/85600/3200/3220/1410
2Q実/82676/3007/2965/1410
前期比%/-2.8/-5.2/-7.9/+0.6
3Q実/128676/5911/5914/2906
前期比%/-1.7/-3.2/-4.3/2.5
4Q予/170000/7420/7510/3400
4Q修////
4Q実/167750/6894/6942/3216
前期比%/-0.7/-7.0/-7.4/5.2

2018/3
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/42359/1419/1452/592
2Q予/83000/2100/2100/650
2Q修/85000/3150/3150/1350
2Q実/85087/3174/3219/1401
3Q実/130936/6106/6178/2836
4Q予/170000/5700/5700/2000
4Q修/171500/6600/6600/2600
4Q再修/168800/7300/7400/3260
4Q実績/168960/7411/7500/3393

【9994やまや:配当金の推移】
2006(H17)/3 16
2007(H18)/3 16
2007(H19)/3 16
2008(H20)/3 16
2009(H21)/3 16
2010(H22)/3 21
2011(H23)/3 17
2012(H24)/3 20
2013(H25)/3 25
2014(H26)/3 30
2015(H27)/3 30
2016(H28)/3 32
2017(H29)/3 36
2018(H30)/3 39予→42
2019(H31)/3 44
2020(R02)/3 46予

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR