fc2ブログ

初めてご訪問いただいた方へご挨拶

→→→→→【パフォーマンスランキングはこちらをクリック】←←←←←

 こんにちは、個人投資家の立川です。
 2004年から株式投資を本格的に始め、ビジネスモデルを見ながらポートフォリオが生み出す配当を重視した投資をしています。
 ブログでは、その投資成果や、投資先の企業の決算を中心としたIRの個人的な見解が中心です。取り上げた銘柄を推奨する内容ではありませんので、投資の際はご自分で良く調査されて自己責任でよろしくお願いします。

 また、2022年4月分より、長年お世話になっていた「個人投資家ランキング」(旧サイトはこちら)が更新停止されていたため自主的に引き継いでおります。興味がある方はご覧ください。

→→→→→【パフォーマンスランキングはこちらをクリック】←←←←←

スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

日経平均 初の4万円台

【Yahoo!ファイナンスのニュース・市況概要より転載】



〔東京株式〕続伸=初の4万円台、半導体高で(4日前場)☆差替/11:38 配信/時事通信

 (前引け)【プライム】日経平均株価の午前の終値は前営業日比316円01銭高の4万0226円83銭、東証株価指数(TOPIX)は4.37ポイント高の2713.79と、ともに続伸。前週末の米国市場の展開を映して大型の半導体関連株中心に買われ、日経平均は初めて4万円台に乗せた。利益確定売りも出て東証株価指数(TOPIX)は一時マイナス圏に沈んだが、押し目買い意欲は強く、下値は堅かった。
 31%の銘柄が値上がりし、68%が値下がりした。出来高は10億0342万株、売買代金は3兆0430億円。
 業種別株価指数(33業種)はパルプ・紙、鉱業、電気機器などが上昇した。下落は海運業、空運業、ゴム製品など。
 【スタンダード】スタンダードTOP20は小幅高。出来高3億3675万株。
 【グロース】グロース250とグロースCoreは反発。
 (10時02分)日経平均株価は高値もみ合い状態。前週末の米国市場ではフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が4%高と上伸しており、週明けの東京市場でも半導体関連株に買いが集中している。東エレク <8035> 、アドバンテス <6857> 、ソフトバンクG <9984> の3銘柄で日経平均の上昇幅の半分が説明できる状況だ。ただ、内需株中心に利益確定売りも出ており、プライム市場全体では値下がりの数が値上がりを上回っている。東証株価指数(TOPIX)は一時マイナスになるなど、上値が重い。「短期的な上昇ペースの速さに対しては、警戒感も出ているようだ」(大手証券)という。
 (寄り付き)日経平均株価は指数算出以来初めてとなる4万円台に乗せて始まった。前週末の米国株の上昇を受けて買いが先行している。始値は前週末比290円94銭高の4万0201円76銭。(了)

時事通信

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

パフォーマンスランキング 2024/2 暫定版

【ランキング運用の基本方針等】
 当ランキングは旧サイトの参加者を全員引き継いだ上で、月々の運用成績に加えて投資手法や保有銘柄などの概要を数年以上報告している人を追加しています。頻繫な参加者の入れ替わりを防ぐためですので、ご理解お願いします。
 前月の報告アカウント中9割以上が報告したら「暫定版」、ほぼ全員が報告又は月初から1週間程度経過後「確定版」とします。
 ブログを巡回し手作業で成績を入力しランキング化しています。毎月末のパフォーマンスを日記のタイトルにしていただくか、最初の方に記載いただけると更新の効率が上がります。対象のブログ管理人の皆様、ご協力よろしくお願いいたします。既にご協力いただいている管理人様、ありがとうございます。
 できるだけミスのない運用を心がけておりますが、間違い、更新が未反映、その他お気づきの点はX(旧Twitter)のリプなどで遠慮なくご指摘ください。また、参加者の方でランキングへの参加を控えたいという方もご連絡いただければ対応いたします。
 報告がなかったブログは一旦除外しますが、後から報告があれば反映して表示します。
 月末の報告はなくても、直近のパフォーマンス報告(週毎報告の方が数名いる)があったものは反映します。
 長期間報告がない場合、定期的に報告いただいてもパフォーマンス報告や投資の内容がわかりずらい場合は除外いたします。おおよその投資内容を公開いただき、シンプルに年初来パフォーマンスをわかりやすく記載お願いします。
 ブログの年初来パフォーマンス報告数値をそのまま掲載しています。配当・税金・入出金の扱いが管理人ごとに多少の差異があるため、当然ながら報告数値と実態に差が生じます。あくまで参考とお考えいただき、ご活用下さい。

1位 56.10% エセバリュー投資日記
2位 20.54% 亀吉の投資メモ
3位 19.65% かぶ1000投資日記
4位 18.80% サラリーマンのバリュー投資日記
5位 17.00% 配当鳥の負けない投資
6位 15.50% 小型株投資の日記
7位 14.72% There is no free lunch
8位 14.05% ねこの株式投資記録
9位 13.91% しょぼい・・・らすかぶ日記
10位 13.21% naz on Investing
11位 13.20% reflection7の個別株投資記録
12位 13.00% FIRE: 投資でセミリタイアする九条日記
13位 11.98% 投資逍遥
14位 11.75% 40代から始める大人の高配当株投資
15位 11.40% へたれ投資家の記録
16位 10.51% ヒドゥン・ジェムズ:中小型株・中長期バリュー投資(旧:中長期投資で目指す億り人.net)
17位 10.20% とある兼業投資家の収益バリュー投資
18位 9.90% アーリーリタイヤへの道
19位 9.90% ラークの専業投資家への道
20位 9.40% キリギリスのように暮らし、アリのように・・・
21位 9.10% GoldmanSacheeの優待株投資
22位 8.90% Dividend Snowball Investing
23位 8.84% 配当優待生活
24位 7.90% 株主優待と高配当株を買い続ける株式投資ブログ
25位 7.60% みきまるの優待バリュー株日誌
26位 7.60% 1億円貯めて会社をスパッと辞めるブログ
27位 7.47% Value Investment since 2004
28位 7.40% 宇治まろ月記
29位 7.11% 早期退職への株式投資
30位 7.00% 高値掴みマンの欲しがりません億までは!
31位 6.41% earlyリタイヤーの投資日記
32位 6.30% lodestar的投資日記
33位 6.20% Time is money キムのセミリタイア日記
34位 6.11% 株式投資で目指せビリオネア!
35位 5.01% 鴨とネギの投資生活
36位 4.90% 節約配当金生活
37位 4.60% インカムゲイン総合研究所
38位 3.50% ナツタの資産運用記
39位 3.30% かぷちーの投資ブログ
40位 2.10% #有利子負債0ポートフォリオ
41位 1.69% 理系会社員が株の勉強をするブログ
42位 0.72% 投資と趣味びぼうろっく
43位 0.30% サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました
44位 0.00% 早期&定年退職したオヤジの投資Blog
45位 -0.50% AIを使った株取引
46位 -2.70% 株ライフブログ
47位 -4.60% 犬次郎株日誌 ~犬畜生でも1億円~

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-2024/3 1723日本電技 業績・配当上方修正

 1723日本電技から2月29日付で「業績予想及び配当予想の修正(増配・上場20周年記念配当)に関するお知らせ」がリリースされています。
 1723日本電技は近年の増配っぷりが魅力で今年(2023年)に購入しました。

項目/売上/営業/経常/純/【2024/3】
1Q実/7199/532/577/389
前期比%/+37.6/-----/+956.1/-----
2Q予/未公表
2Q実/15584/1748/1824/1234
前期比%/+34.8/+186.7/+170.7
3Q実/25023/3923/4038/2750
前期比%/+24.8/+85.8/+82.9/+82.7
4Q予/35000/4550/4650/3200
前期比%/+2.0/+1.0/+0.8/+1.0
4Q修正/36500/4750/4850/3300(2023/11/2)
増減率%/+4.3/+4.4/+4.3/+3.1
4Q再修正/39000/6100/6150/4450(2024/2/29)
増減率%/+6.8/+28.4/+26.8/+34.8


【配当額の推移】
2002/3 15.00
-----2003/3上場
2003/3 22.00
2004/3 22.00
2005/3 16.00
2006/3 13.00
2007/3 21.00
2008/3 25.00
2009/3 50.00
2010/3 34.00
2011/3 30.00
2012/3 22.00
2013/3 28.00
2014/3 50.00
2015/3 50.00
2016/3 66.00
2017/3 75.00
2018/3 77.00
2019/3 94.00
2020/3 119.00
2021/3 125.00
2022/3 114.00
2023/3 152.00
2024/3 160予→184.00修正

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2024年2月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次+2.04%・前年末比+7.47%となりました。
※日本株・米国株合計を円ベースで計算
※配当・税金込、月中の入出金や売却後の税金を考慮

 今年の受取配当金の累計は、前年同月比で日本株+39.2%(円ベース)、米国株+6.17%(ドルベース)となりました。
 2024年日米の合計は+7.00%を予想しています。
※今年の1月から今月までの受取配当金の累計を、日本株・米国株別に前年同月と比較
※入出金、銘柄入替、各銘柄の増配・減配がダイレクトに影響
※米国株の配当はドルベースでの前年比、通年の合計は年末のレートで日本円に換算

 アセットアロケーション(資産配分%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 88.34%←90.55%(先月末)
≪主力≫
全国保証、シーティーエス、情報企画、平山HD、
≪準主力≫
ステップ、ビジネスブレイン太田昭和、CDS、トランザクション、名村造船、タマホーム、シイエム・シイ、オリックス、日本電技、コーア商事HD、FPG、アイ・エス・ビー↑、ゲンキードラッグ、、アルトナー、朝日ネット、グリーンクロス、ヒトコムHD、オリジナル設計、地主、SMS、グッドコムアセット、東計電算、明豊ファシリティ、No.1、クレステック、コンドーテック、マツキヨココカラ、ユニリタ、FCHD、七十七銀行、タカラリート、ザイマックス、ソフトクリエHD、翻訳センター↑、マリモリート、東急不動産HD↑
≪準準主力≫
アクモス↓、日本コンセプト、Cマネージメント、スクロール↓、ダブルスタンダード、イオンモール、東海道リート、サンリオ、ふくおか、イオンFS、SRAHD、JT、毎日コムネット、都築電気、東京インフラF、イオンディライト、東京センチュリー、三住トラスト、栗田工業、TOKAI HD、セゾン情報、佐藤食品、三栄コーポ、みずほリース、ズーム、リコーリース、蔵王産業、cotta、ベルパーク、
≪圏外移動≫
ベネフィットワン↓、郵船↓、サムティ↓
合計167銘柄(優待目的含む)
※主力・準主力・準準主力の区別は保有銘柄の時価が一定ライン(=金額ですが非公開です)を超えたものです。
アンダーラインの銘柄は売買・株価変動により「主力⇔準主力⇔準準主力⇔圏外」の間を移動した銘柄です。売買してなくても株価の上下で移動することがあります。
【外国株式】 6.10%←6.10%(先月末)
 モトローラソリューションズ、ブリティッシュアメリカンタバコ、アルトリアグループ、 他 合計16銘柄
【現金等・外貨含む】 5.56%←3.34%(先月末)

 新規買い: 2730エディオン、9832オートバックスセブン、3277サンセイランディック、9769学究社、8876リログループ
 買い増し:6888アクモス、4642オリジナル設計、2483翻訳センター、7148FPG、3252地主、9702アイ・エス・ビー
 一部売却:なし
 売り切り:4659エイジス、2412ベネフィットワン

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2023/12月期決算-9284カナディアン・ソーラー

 9284カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人から「2023年12月期 決算短信(インフラファンド)」が2月15日付でリリースされています。発電量が予想を上回り、各経費が圧縮できたことで、利益が改善したようです。

分配金の推移
※年月が決算期を示し、すぐ右横の数字がその期の当初の予想分配金(予)、分配金予想が修正されるごとに矢印の右の数字が追加され、右端の数字が最終的な分配金額となります。
2018(H30)/6 2029予→2004-2033修→2047修→2062修→2200修→2350修
2018(H30)/12 3449予→3445-3452修→3453修→3539修→3600修
2019(R01)/6 3434予→3432-3437修→3439修→3523修→3600修→3650
2019(R01)/12 3600予→3650修→3650
2020(R02)/6 3600予→3650修→3700
2020(R02)/12 3650予→3700修→3700
2021(R03)/06 3700
2021(R03)/12 3700予→3750
2022(R04)/06 3750予→3800修→3903
2022(R04)/12 3750予→3750
2023(R05)/06 3750
2023(R05)/12 3750
2024(R06)/06 3750予→3775
2024(R06)/12 3775予→
2025(R07)/06 3775予→
2025(R07)/12 3775予→

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

日経平均 史上最高値更新

日経平均は大幅高で4日ぶり反発、史上最高値更新で39000円台に到達/相場概況
(15:32 配信 フィスコ)

 21日の米国市場はまちまち。ダウ平均は48.44ドル高(+0.13%)の38612.24ドル、ナスダックは49.91ポイント安(-0.32%)の15580.87、S&P500は6.29ポイント高(+0.13%)の4981.80で取引を終了した。半導体エヌビディアの四半期決算発表を警戒した売りが続き、寄り付き後は下落。その後も、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨公表を控えた調整売り圧力も強まり、一段安となった。議事要旨で、米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げに慎重な姿勢が確認されたため利下げ期待が後退し、一段と売りに拍車がかかり、下げ幅を拡大。しかし、引けにかけて、調整と見られる買戻しにダウは切り返し、ナスダックも下げ幅を縮小し終了した。
 注目のエヌビディアの決算が市場予想を上回り、時間外で買われたことから、東京市場は買い優勢で取引を開始した。半導体関連の東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>が指数を押し上げたことなどから、日経平均は10時16分に38924.88円と1989年12月29日につけた終値ベースでの史上最高値38915.87円をついに上回った。後場も日経平均は上げ幅を拡大し、39156.97円まで上昇。終値ベースでも明確に史上最高値を更新するなど歴史的な一日となった。大引けの日経平均は前日比836.52円高(+2.19%)の39098.68円となった。東証プライム市場の売買高は17億6948万株、売買代金5兆5622億円だった。セクター別では、電気機器、輸送用機器、機械、石油・石炭製品、鉱業などが買われたほか、医薬品、サービス業の2セクターのみ下落した。東証プライム市場の値上がり銘柄は65%、対して値下がり銘柄は31%となっている。日経平均採用銘柄では、東エレク、アドバンテストのほか、スクリーンHD<7735>、レーザーテック<6920>、ルネサスエレクトロニクス<6723>など半導体株が総じて上昇。ソフトバンクグループ<9984>も買われた。また、半導体材料を強化と伝わったレゾナックHD<4004>も買い優勢となった。このほか、日立<6501>、信越化学<4063>、三菱商事<8058>、トヨタ自<7203>が買われた。日経平均採用以外では、昨日に続き日本マイクロニクス<6871>が大幅高。一方、中外製薬<4519>、アステラス製薬<4503>、住友ファーマ<4506>、サイバーエージ<4751>など内需系がさえなかったほか、ファナック<6954>、オークマ<6103>など中国関連の一角も売られた。このほか、ニコン<7731>、住友大阪セメント<5232>、コニカミノルタ<4902>が弱い。《FA》
(マーケット概況)フィスコ 最終更新:2/22(木) 15:32

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2023/12決算-3470マリモ地方創生リート

 3470マリモ地方創生リートより「2023年12月期 決算短信(REIT)」がリリースされています。
 3470マリモ地方創生リートは2017年3月~7月にかけて93000円以下で買っています。年間の配当が6800円以上で推移してくれれば、利回り7%以上なので14年で元がとれ、その後は配当だけ貰い続けることになると考えて購入しました。巡航分配金がアップすればさらに短期間で元が取れることになりますが、今のところ目論見どおりです。

【配当金の推移】
2016(H28)/12 予576→977
2017(H29)/6 予3210→修3231→再修3462
2017(H29)/12 予3203→修3321→再修3394→3431
2018(H30)/6 予3389→修3424→再修3425→3441
2018(H30)/12 予3425→修3426→3445
2019(R01)/6 予3389→修3404→再修3455→3494
2019(R01)/12 予3400→3504
2020(R02)/06 予3400→修3463→3494
2020(R02)/12 予3507→3546
2021(R03)/06 予3464→修3529→3572
2021(R03)/12 予3357→修3401→再修3850→3924
2022(R04)/06 予3417→修3806→再修3815→3817
2022(R04)/12 予3529→修3643→3689
2023(R05)/06 予3646→修3683→再修3684→3713
2023(R05)/12 予3516→修3517 →3374→3452
2024(R06)/06 予3205→3255
2024(R06)/12 予3276→

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

決算2023/12-9285東京インフラ・エネルギー投資法人

 9285東京インフラ・エネルギー投資法人から「2023年12月期 決算短信(インフラファンド)」がリリースされています。
 9285東京インフラ・エネルギー投資法人は2018年9月~10月に購入しています。上場当初は東北に偏りがちだった発電施設も現在は全国に分散されています。

【9285東京インフラ:配当金推移】
2018/12 640予→651
2019/06 3917予→3987予→4203
2019/12 2834予→2885予→2888予→2195
2020/06 3890予→3895予→3900
2020/12 2898予→2898
2021/06 3425予→3308修→3262
2021/12 3036
2022/06 3072予→3080
2022/12 3010予→3017修→3017
2023/06 3013予→3014修→2800
2023/12 3010予→2800修→2822
2024/06 3014予→
2024/12 3010予→
2025/06 2805予→

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2023/11決算-9287ジャパン・インフラファンド

 9287ジャパン・インフラファンド投資法人より「2023年11月期 決算短信(インフラファンド)」がリリースされています。経費削減でかろうじて増益でした。上場インフラファンドとして初となる「リパワリング(※)太陽光発電所」の取得など、ポストFIT機関に向けて積極的な運用に取り組んでいます。
※運転開始以降に太陽光発電設備についてパネルを始めとする機器の入替や、それに伴う設備配置の見直し等を行うことで、発電効率の向上と発電期間の長期化を目指すこと
 9287ジャパン・インフラファンド投資法人は2020年2月上場初日に購入しました。上場時は買取電気事業者が東北電力に偏りがちだったのですが、現在では地域分散が進み中部電力と四国電力管内以外は全て保有しています。先日の増資・借入によって新たに資産を取得していますが、保有施設数も61物件と上場インフラファンドの中で最多となりました。インフラファンドを全銘柄一定程度ポートフォリオに組み入れていく方針に沿って保有しています。

9287ジャパン・インフラファンド投資法人
分配金の推移
2020(R02)/05 予1084→修1153→1171
2020(R02)/11 予2861→修2927→2977
2021(R03)/05 予2836→修2895→修2904→2950
2021(R03)/11 予2852→修2912→修2919→修2924→2953
2022(R04)/05 予2910→修2950→2980
2022(R04)/11 予2932→修3001→3005
2023(R05)/05 2952予→2980修
2023(R05)/11 3010予→3010
2024(R06)/05 2980予→3000修正
2024(R06)/11 3015円

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタート。その後、受取配当金の増加に軸足を置き、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えるようになりました。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。基本的に短視眼的で、日々の株価や四半期決算に大いに一喜一憂します。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR