FC2ブログ

IR-9658ビジネスブレイン太田昭和

 9658ビジネスブレイン太田昭和から「2020 年3月期配当予想の修正に関するお知らせ」「株式分割に関するお知らせ」「業績予想の修正に関するお知らせ」がリリースされています。
 優待+配当利回りだけで2008年に一単元買っただけの銘柄で保有11年になり、2019年になってから少し買い増しました。100株以上を一年を越えて保有した場合2,000円相当のオリジナル・クオカードがもらえます。配当もデコボコしながら増加傾向です。400円以下で買っただけに買い増しし辛いままズルズルと持ち続け、気が付いたら株価は2000円を超えてしまいました。当時に比べ配当が4倍以上になってしまい、なぜもっと安い時に買い増さなかったのかと激烈に後悔している痛恨の銘柄であり、今回の調整でもそこそこ値を保っているマイポートフォリオでも貴重な存在です。

【9658ビジ太田:配当金の推移】
2002(H14)/3 7.5
2003(H15)/3 3
2004(H16)/3 5
2005(H17)/3 6
2006(H18)/3 7.5
2007(H19)/3 12
2008(H20)/3 12
2009(H21)/3 12
2010(H22)/3 8
2011(H23)/3 8
2012/(H24)3 12
2013(H25)/3 15
2014(H26)/3 19
2015(H27)/3 22
2016(H28)/3 28
2017(H29)/3 30
2018(H30)/3 35
2019(H30)/3 40
2020(R02)/3 50予→55修
-----2020(R02)/6 1:2 分割

スポンサーサイト



テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-7148FPG

 7148FPGより「子会社の異動(株式取得)及び新規事業の開始に関するお知らせ」がリリースされています。株式会社ケンファーストを完全子会社にするようです。正直、業績も財務もイマイチなのですが、無理のない多角化への一環となることを妄想しています。

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-8898センチュリー21 業績予想の修正

 8898センチュリー21から「特別損失の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ」がリリースされています。本業不振と有価証券の価格低下による評価損の影響のようです。
 8898センチュリー21は2007年ごろ保有していましたが一旦売却し、その後2015~2016年にかけ買い直しました。その後の業績と配当がイマイチで日々悩みつつ保有しています。

(2020/3)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1058/317/332/226
2Q予/2061/560/595/403
2Q実/2093/589/627/426
前年比%/+3.3/-2.4/-2.3/-2.3
3Q実/3044/817/864/588
前年比%/-1.8/-13.2/-12.7/-5.6
4Q予/4278/1140/1250/850
4Q修/4063/1052/1118/560
4Q実////

(2019/3)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1008/305/321/218
2Q予/2118/657/692/468
2Q実/2027/604/642/436
3Q実/3101/942/990/622
4Q予/4351/1257/1338/910
4Q修/4172/1173/1243/794
4Q実/4151/1207/1278/815

(2018/3)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/990/315/333/224
2Q予/2049/677/710/478
2Q実/1989/614/654/440
3Q実/3037/972/1020/687
4Q予/4166/1268/1335/900
4Q実/4077/1206/1275/905

(2017/3)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/1006/336/354/238
2Q予/1920/549/582/392
2Q実/2024/679/721/486
3Q実/3088/1075/1121/754
4Q予/4061/1199/1267/852
4Q修/4182/1301/1376/920
4Q実/4158/1345/1411/940

【8898センチュリー21:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2002(H14)/3 9.60(24000.00)
2003(H15)/3 8.80(22000.00)
2004(H16)/3 12.80(32000.00)
2005(H17)/3 18.00(45000.00)
2006(H18)/3 22.00(55000.00)
2007(H19)/3 28.00(70000.00)
-----2007(H25)/4 1:5分割
2008(H20)/3 30.00(15000.00)
2009(H21)/3 30.00(15000.00)
2010(H22)/3 30.00(15000.00)
2011(H23)/3 30.00(15000.00)
2012(H24)/3 30.00(15000.00)
2013(H25)/3 30.00(15000.00)
-----2013(H25)/4 1:100分割
2014(H26)/3 30.00(150.00)
-----2015(H27)/1 1:5分割
2015(H27)/3 40.00(中75.00/末25.00)
2016(H28)/3 45.00
2017(H29)/3 45.00予→48.00修→50.00
2018(H30)/3 50.00
2019(H30)/3 50.00
2020(R02)/3 50.00予

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

東証、3月期企業の配当基準日について注意喚起 新型コロナで(2)

 この件をツイッターで呟いたところ、東日本大震災の際に株主総会を延期した会社に関する情報を頂きました。情報提供ありがとうございます。

【12月決算銘柄】 2社
倉元製作所(被災で会場使用不可)/サンシティ
【3月決算銘柄】 4社
ジー・テイスト(被災影響算定できず)/やまや(宮城地盤)/山大(宮城地盤)/東洋刃物

 ジーテイストはこの年に総会を延期するため、基準日を変更しています。

20200325 株主総会延期例.jpg

 しかし、株主優待は期末株主に実施しています。

20200325 株主総会延期例-2.jpg

 会社法では、基準日について次のように定めています。

-----(会社法より引用)-----

(基準日)
第124条 株式会社は、一定の日(以下この章において「基準日」という。)を定めて、基準日において株主名簿に記載され、又は記録されている株主(以下この条において「基準日株主」という。)をその権利を行使することができる者と定めることができる。
2 基準日を定める場合には、株式会社は、基準日株主が行使することができる権利(基準日から3箇月以内に行使するものに限る。)の内容を定めなければならない。
3 株式会社は、基準日を定めたときは、当該基準日の2週間前までに、当該基準日及び前項の規定により定めた事項を公告しなければならない。ただし、定款に当該基準日及び当該事項について定めがあるときは、この限りでない。
4 5 (省略)

-----(引用終わり)-----

 ここで、株主の権利というのは「剰余金配当請求権」 (会社法105条1項1号、会社法453条)、「残余財産分配請求権」(会社法105条1項2号、会社法504条)、株主総会の議決権(会社法105条1項3号)、他5種類ほど定められています。通常、私達に関係ある株主の権利は「配当」と「株主総会への出席及び議決権行使」です。一方、株主優待は各企業が任意に株主に実施するもので、会社法の定める株主の権利には該当しません。従って、会社が特別に基準日を新たに設けるリリースとともに、株主優待の基準日も移動しなければ、通常は株主優待は期末の株主に実施されると考えられます。

 東日本大震災の際にも総会の延期を実施したのは数社ですし、オンラインでの実施なども検討されているようなので、余程の事が無い限り延期はないかと思います。株主総会を延期をしなくてはならないとなれば、その企業に相当深刻な事態が発生しているはずですので、優待の前に会社が心配です。

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

東証、3月期企業の配当基準日について注意喚起 新型コロナで(1)

-----(以下引用)-----
【東証、3月期企業の配当基準日について注意喚起 新型コロナで[東京 24日 ロイター]】
 東証は24日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月期決算の上場企業が定時株主総会を事業年度終了後3カ月以内に開催できず、配当金などの権利基準日が年度末日から変更される可能性があり得るとして投資家に注意喚起した。基準日が3月末以降に変更された場合、変更後の基準日に株式を保有していなければ配当などの権利を得られなくなる。
 東証によると、法務省は「定款で定めた時期に定時株主総会が開催できない状況が生じた場合、その状況が解消後、合理的な期間内に開催すれば足りる」などとする見解を示している。
-----(引用終わり)-----

 なんのこっちゃという記事ですが、以下に引用した法務省のリリースを見ながら内容を確認してみました。
 3月末決算の会社が、仮にコロナウイルスの影響で6月末までに総会をできなくなった場合、会社の定款に総会時期を定めてあっても、時期を少し先に伸ばしたりすることが可能です。しかし、株主の権利行使(議決権の行使、配当金の受取など)は会社法で基準日から3カ月以内と定めてあります。総会の日程を変更する場合は、新たな基準日を総会の3か月前以内に設け、その基準日の2週間前までに広告する必要がある、ということになります。同様に、配当も会社の定款に基準日を設けてあっても、新たな基準日を設けることができることになります。
 実際、そこまでの必要が生じる会社も極めて少ないと思いますが、3月末に保有していても、新基準日前に売ってしまえば議決権と配当金はなくなる可能性が(僅かとはいえ)あり得ると言う話のようです。
 優待に関しては総会の決議事項としている会社があるとは思えないので、期末の株主のところへ届くのではないかと思いますが。
※ニュースおよび法務省のリリースの解釈は私の私見であり、内容の正確性は保証しませんのでご了承ください。

-----(以下引用)-----
定時株主総会の開催について 令和2年3月13日更新 令和2年2月28日

 今般の新型コロナウイルス感染症に関連し,当初予定した時期に定時株主総会を開催することができない状況が生じた場合における定時株主総会の開催について,以下のとおりお知らせします。

1 定時株主総会の開催時期に関する定款の定めについて
 定時株主総会の開催時期に関する定款の定めがある場合でも,通常,天災その他の事由によりその時期に定時株主総会を開催することができない状況が生じたときまで,その時期に定時株主総会を開催することを要求する趣旨ではないと考えられます。
 したがって,今般の新型コロナウイルス感染症に関連し,定款で定めた時期に定時株主総会を開催することができない状況が生じた場合には,その状況が解消された後合理的な期間内に定時株主総会を開催すれば足りるものと考えられます。なお,会社法は,株式会社の定時株主総会は,毎事業年度の終了後一定の時期に招集しなければならないと規定していますが(会社法第296条第1項),事業年度の終了後3か月以内に定時株主総会を開催することを求めているわけではありません。

2 定時株主総会の議決権行使のための基準日に関する定款の定めについて
 会社法上,基準日株主が行使することができる権利は,当該基準日から3か月以内に行使するものに限られます(会社法第124条第2項)。
 したがって,定款で定時株主総会の議決権行使のための基準日が定められている場合において,新型コロナウイルス感染症に関連し,当該基準日から3か月以内に定時株主総会を開催できない状況が生じたときは,会社は,新たに議決権行使のための基準日を定め,当該基準日の2週間前までに当該基準日及び基準日株主が行使することができる権利の内容を公告する必要があります(会社法第124条第3項本文)。

3 剰余金の配当の基準日に関する定款の定めについて
 特定の日を剰余金の配当の基準日とする定款の定めがある場合でも,今般の新型コロナウイルス感染症に関連し,その特定の日を基準日として剰余金の配当をすることができない状況が生じたときは,定款で定めた剰余金の配当の基準日株主に対する配当はせず,その特定の日と異なる日を剰余金の配当の基準日と定め,当該基準日株主に剰余金の配当をすることもできます。なお,このように,剰余金の配当の基準日を改めて定める場合には,2の場合と同様に,当該基準日の2週間前までに公告する必要があります(会社法第124条第3項本文)。

○ 参考情報
 株主は,株主総会に出席しないで,書面又は電磁的方法により議決権を行使することも,会社法上,認められています(会社法第298条第1項第3号,第4号)。
 また,株主に株主総会の開催場所での参加を認めるとともに,株主がオンラインで参加することも許容するいわゆるハイブリッド型の株主総会を開催する場合の法的・実務的論点や具体的な実施方法等については,経済産業省のホームページ を御覧ください。
-----(引用終わり)-----

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-7781平山HD 自社株追加取得

 主力の7781平山HDより「自己株式の取得株数変更(追加取得)に関するお知らせ(会社法第165条第2項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得)」が3月17日付でリリースされています。
 10月1日のリリースでは、「取得し得る株式の総数60,000株、発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合 1.73%」となっています。また、2月14日にリリースされた「自己株式の取得期間延長に関するお知らせ」によって取得期間を5月末まで延長していますが、今回のリリースによると「取得価額の総額が上限に達しなかったため取得し得る株式の総数を変更する」だそうです。株価が下がって悲しいやら、それに対応して自社株買いの追加が嬉しいやら、複雑な気持ちです。会社の対応としては素晴らしいと思いますが(涙)。

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

分析-7148FPG

 7148FPGは現在のところ業績好調なのですが、航空機・船舶・コンテナ等のオペリース商品を扱っていると言う事で、まさに「逆風のど真ん中にいるのでは」という疑惑からか株価は軟調です。今期、配当が予想通り60.10円が出たとしたら、配当利回りで10%を超える水準まで株価が下がってしまいました。

 この会社のビジネスモデルですと、リース商品の稼働状況に関わらずリース料は発生します。仮にリース料が滞る事になっても、あくまで投資商品なのでリスクを負うのはオペリースの投資家サイドになり、この会社のBSやPLには影響しません。もちろん、実際にそんな事になったら流石に売り辛くなると思いますが、現実にはニュースでも流れている通り航空業界に政府支援を求める動きがあり、リース料が滞るような事態は起こることはなさそうです。
 また、企業収益が下向いてくれば、税の繰り延べメリットも薄れ、組成も減るのではないかという懸念があると思います。しかし、コロナの影響で逆に特需が発生している企業もあるので、今後はそういった顧客を掴むこともできることになります。
 というわけで、そんなに心配せずに保有&買い増ししています。当然買い増した分は酷い含み損なので、うっかりFPGに電話をして「株が下がったぞ!どうしてくれるんだ!!!」と怒鳴らないよう日々気持ちを落ち着かせています(嘘)。

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-2175エス・エム・エス 配当予想

 2175エス・エム・エスより「配当予想の修正(増配)に関するお知らせ」がリリースされています。
 この銘柄は2012年頃に投資家さんとの話の中で出たのですが、興味が湧いて1単元だけしか購入しなかったことを超後悔している銘柄です。配当の増配っぷりが素晴らしく、ここしばらくの下落で安くなってきたのですが、まだPER30倍オーバーなので、買い増しを保留中です。

【2175エス・エム・エス】
分割を考慮した配当金の推移
括弧内は分割考慮前
2007(H19)/3 0.000(0)
2008(H20)/3 0.000(0)
2009(H21)/3 0.625(1000)
-----2009(H21)/9 1:2分割
2010(H22)/3 0.625(500)
2011(H23)/3 1.250(1000)
2012(H24)/3 1.500(1200)
2013(H25)/3 2.000(1600)
-----2013(H25)/1 1:200分割
2014(H26)/3 2.500(10.00)
-----2015(H26)/1 1:2分割
2015(H27)/3 3.500(7.00)
2016(H28)/3 3.500(7.00)
2017(H29)/3 5.500(11.00)
2018(H30)/3 6.500(13.00)
-----2018(H30/6 1:2分割
2019(H31)/3 7.50
2020(R02)/3 8.50

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-7164全国保証 業績予想修正&中期経営計画

 マイポートフォリオの主力である7164全国保証より「2020 年3月期通期業績予想の修正及び期末配当予想の修正に関するお知らせ」「会社分割(簡易吸収分割)による事業の承継に関するお知らせ」「全国保証株式会社 次期中期経営計画について」がリリースされています。
 下方修正は、資金調達にともなう手数料など、営業外費用が発生したそうで、大きな問題ではなさそうです。また、セディナ社の住宅ローン保証債務を事業承継ようです。こちらは収益に貢献しますね。
 さて、肝心なのは中計ですが、保証債務残高を毎年1兆円ずつ積み上げていくようで、営業利益は3年後に400億円を目指すようです。そして、今年度27%の配当性向を30%→33%→35%と引き上げ、中計最終年度には144円と10年で7倍近くにする予定のようです。上場初日の始値508円(※分割を考慮)で購入した場合、計画通りなら10年間の受取配当総額は862.5円になり、元本以上を配当で回収した上に事になります。こんな会社ばかりだと良いのですが。
 

【7164全国保証:配当の推移】
2012(H24)/3 4(800)
-----2012(H24)/9 1:100 分割
-----2012(H24)/12 上場
2013(H25)/3 予17(34)→予20(40)→21.5(43)
-----2014(H26)/3 1:2 分割
2014(H26)/3 予22(44)→修28→30
2015(H27)/3 予32→修44→48
2016(H28)/3 予51→55
2017(H29)/3 予55→修61→62
2018(H30)/3 予74→修79→80
2019(H31)/3 中計80→予82→87
2020(R02)/3 中計86→予90→修95
2021(R03)/3 中計111→?
2022(R04)/3 中計129→?
2023(R05)/3 中計144→?

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

配当金の状況 2020/3

 年初から今月末時点の受取配当金の累計ですが、日本株は前年比約32%増となりそうです。今月は前年に無かったクレステック加わり、準主力のCDSも増配したため好調に推移しそうです。
 まだ金額が小さいですが、米国株は50%以上の増加を見込んでいます。
 現状では、通年で日本株と米国株の合計で8~10%増加を見込んでいます。保有している各企業の増配と、株価軟調の中で買増したおかげで、受取配当金の2025年目標を5年前倒して達成することが視野に入ってきました。
 米国株の比率を増やすべく、ロイヤルダッチシェルなどの高配当銘柄に追加投資しています。米国株のポートフォリオに占める割合は5%以上まで引き上げたいと考えています。

 今のところポートフォリオは時価ベースで大きくやられています。もちろん、株辛いのですが、事業に問題が無ければ保有し、問題が発生すれば売るという考えは変わりません。毎度のことですが、株価と違って配当は概ね予想できます。私は「本来の株式投資で目指すところは、事業の成果である配当にある」と思っているので、今後も業績推移を適度に見ながら受取配当金額を重視した投資を継続していくつもりです。

(2020/3/24 追記)
 ベルパークや他の銘柄の増配が寄与し、日本株は前年比約43%増に上方修正します。年間では10%増を見込めそうです。
(2020/3/28 追記)
ブロードリーフ、東計電算の増配、昨年新規投資したオリジナル設計寄与し、日本株は前年比約59%増に上方修正します。
(2020/3/30 追記)
 各社の増配が寄与し、米国株は51.7%になりそうです。年間では10%増を見込めそうです。

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR