FC2ブログ

4Q-5959岡部

 5959岡部より「2018年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」がリリースされています。この銘柄は完璧に2008年に優待狙いバスケット買いした銘柄の一つで、100株保有でそのまま10年持ち続けた銘柄で、未だに何をしている会社かよくわかっていません。わかってるのは、30年かけて配当を5倍くらいにしてくれたことぐらいです。

1986(S61)/12 5.00
1987(S62)/12 6.00
1988(S63)/12 7.00
1989(H01)/12 8.00
1990(H02)/12 9.00
1991(H03)/12 10.50
1992(H04)/12 11.00
1993(H05)/12 11.00
1994(H06)/12 11.00
1995(H07)/12 11.00
1996(H08)/12 11.50
1997(H09)/12 12.00
1998(H10)/12 12.00
1999(H11)/12 10.00
2000(H12)/12 10.00
2001(H13)/12 10.00
2002(H14)/12 10.00
2003(H15)/12 10.00
2004(H16)/12 10.00予→11.00
2005(H17)/12 12.00予→9.50
2006(H18)/12 10.00予→11.00
2007(H19)/12 12.00予→13.00
2008(H20)/12 14.00予→15.00
2009(H21)/12 14.00予→10.00
2010(H22)/12 10.00予→11.00
2011(H23)/12 12.00
2012(H24)/12 14.00予→15.00
2013(H25)/12 16.00予→20.00
2014(H26)/12 22.00
2015(H27)/12 24.00
2016(H28)/12 24.00
2017(H29)/12 30.00(記念配6円含む)
2018(H30)/12 26.00
2019(H31)/12 28.00予 

 

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-3302帝国繊維

 3302帝国繊維は2014年5月に購入して以来、1単元だけ持ちながら配当と優待のクオカードそしてリネン製品を頂いている銘柄です。何年か毎に交換しなくてはいけないものを取り扱っており、そこそこ安定した需要をもつ銘柄への長期投資というスタンスで、今まで特に決算レビューはしませんでした。「平成30年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」「剰余金の配当に関するお知らせ」「定款一部変更に関するお知らせ」の他に「株主提案に対する当社取締役会意見に関するお知らせ」がリリースされています。
 ざっくり言うと、スパークス・アセット・マネジメント株式会社から株主提案を出されており、それに対し反対するというものです。株主提案内容は(1)取締役を選任(2)政策保有株式と現金を原資に配当(3)取締役の任期を2年から1年に、という内容です。しかし、会社からは社外取締役は十分に機能していることと、内部留保や株式の保有は必要であると同時に株主還元も十分実施しており、また会社側からも取締役の任期を見直す提案の準備があるそうで。3月末の株主総会にちょっと行ってみたいですね。
 ほとんど気がつかれていませんが、上場以来ずっと増配傾向(連続ではない)なのです。2020年12月期に50円にしてくれれば、20年で10倍ということで、そんなに悪くないと思うのですが。

2000(H12)/12 5.00
2001(H13)/12 5.00
2002(H14)/12 5.00
2003(H15)/12 5.00
2004(H16)/12 5.00
2005(H17)/12 10.00
2006(H18)/12 10.00
2007(H19)/12 15.00
2008(H20)/12 15.00
2009(H21)/12 20.00
2010(H22)/12 25.00(記念配5円含む)
2011(H23)/12 20.00
2012(H24)/12 25.00
2013(H25)/12 30.00
2014(H26)/12 30.00
2015(H27)/12 30.00
2016(H28)/12 30.00
2017(H29)/12 40.00(記念配5円含む)
2018(H30)/12 40.00
2019(H31)/12 40.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-3673ブロードリーフ

 3673ブロードリーフより「2018年12月期 決算短信〔IFRS〕(連結)」「2018年12月期 決算説明資料」「2019 年 12 月期 剰余金の配当予想について」がリリースされています。修正後の数値を上回り、今期も順調そうなのでゆるゆると保有しようと思います。

2019.12
項目/売上/営業/税引前/純/
1Q実////
2Q予/10600/1700/1700/1000
2Q修////
2Q実////
3Q実////
4Q予/22000/4500/4500/2800
4Q修////
4Q実////

2018.12
項目/売上/営業/税引前/純/
1Q実/4433/258/267/142
2Q予/9400/950/930/600
2Q修/10080/1540/1530/970
2Q実/10090/1542/1548/998
3Q実/15104/2706/2701/1745
4Q予/20400/3300/3260/2100
4Q修/21200/3900/3880/2500
4Q実/21285/4115/4105/2656

2017.12
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/3295/-78/-82/-57
2Q予/8100/600/600/390
2Q修/7920/910/900/550
2Q実/7926/918/906/559
3Q実/12487/1819/1804/1195
4Q予/17000/2000/1960/1230
4Q修/17800/2100/2050/1240
4Q再修/18190/3000/2980/1910
4Q実/18195/3011/2989/1932

【3673ブロードリーフ:配当金の推移】
2012(H24)/12 0.00(0.00)
2013(H25)/12 5.00(20.00)
2014(H26)/12 5.00(20.00)
2015(H27)/12 6.25(25:00)
-----2016(H28)/12 1:2分割
2016(H28)/12 予15.00(30.00)→10.625(21.25 中間17.50+期末12.50)
2017(H29)/12 11.00(22.00)
----2018(H30)/3 1:2分割
2018(H30)/12 予11.00→修12.00
2019(H31)/12 予13.00
※括弧内は分割考慮前の配当額。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-9286エネクス・インフラ投資法人 上場

 9286エネクス・インフラ投資法人が2月13日に6銘柄目のインフラファンドとして上場しました。
 まだ買ってませんが、インフラファンドは一通りウォッチしたいと思います。

【分配金の推移】
2019/11 6000予→5953修→
2020/11 6000予→5936修→

(追記)
 上場翌日の2月14日に少しだけ買いました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

3Q-3252日本商業開発

 3252日本商業開発から「平成31年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」「2019年3月期 第3四半期決算説明資料」「業績予想の修正に関するお知らせ 」がリリースされています。通期には配当も上方修正してくれるのではないかと妄想中です。

2019.3期
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/17635/1982/2156/1533
(前期比%/408.8/782.3/683.2/734.1)
2Q実/18705/1590/1728/1721
(前期比%/244.1/703.5/-/-)
3Q実/20875/1517/1680/1148
(前期比%/73.2/76.5/240.8/268.2)

4Q予/32500/3740/3240/2160
4Q修/39600/4400/3900/2400
4Q実////

2018.3期
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/3466/224/275/183
2Q実/5463/198/-246/-202
3Q実/12054/859/493/311
4Q予/31100/2600/2000/1400
4Q修/31200/3700/2900/1930
4Q実/31260/3684/3044/1958

【3252日本商業開発 配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2008(H20)/3 3.33(4000)
2009(H21)/3 0
2010(H22)/3 0
2011(H23)/3 0.83(1000)
2012(H24)/3 3.33(4000)
2013(H25)/3 5.83(予3000→修5000→7000)
-----2013(H25)/4 1:100分割
-----2013(H25)/7 1:4分割
2014(H26)/3 11.67(予70.00→修17.50→修27.50→35.00)
-----2014(H26)/8 1:3分割
2015(H27)/3 予45.00→修27.00→30.00
2016(H28)/3 予35.00→45.00
2017(H29)/3 予50.00→55.00
2018(H30)/3 55.00
2019(H31)/3 予55.00

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-9386日本コンセプト

 9386日本コンセプトより「平成30年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」「2019-2021年 中期経営計画策定のお知らせ」がリリースされています。なかなか増配路線に戻してくれません(涙)が、気長に待つことにします。

2019.12期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実////
2Q予/6213/956/938/651
2Q実////
3Q実////
4Q予/12710/1985/1950/1349
4Q実////

2018.12期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/2957/435/418/293
2Q予/5989/969/945/653
2Q実/5931/887/878/615
3Q実/9014/1411/1406/977
4Q予/12284/1935/1877/1298
4Q実/12165/1939/1914/1346

2017.12期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/2757/504/484/342
2Q予/5545/990/957/674
2Q実/5638/967/926/649
3Q実/8619/1470/1404/978
4Q予/11024/1790/1725/1213
4Q実/11705/1865/1772/1245

2016.12期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/2762/543/488/335
2Q予/5929/1155/1079/733
2Q修/5431/982/875/596
2Q実/5431/982/875/596
3Q実/7925/1418/1277/858
4Q予/11830/2230/2080/1410
4Q修/10336/1565/1390/944
4Q実/10494/1716/1583/1079

【9386日本コンセプト:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2009(H21)/12 3.33(10000)
2010(H22)/12 3.33(10000)
2011(H23)/12 3.33(10000)
-----2012(H24)/6 1:1000分割
2012(H24)/12 10.00(30.00)
2013(H25)/12 10.00(30.00)
2014(H26)/12 18.00(54.00)
-----2015(H27)/10 1:3分割
2015(H27)/12 20.00(27÷3+11)
2016(H28)/12 30.00
2017(H29)/12 30.00
2018(H30)/12 30.00
2019(H31)/12 30.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-2169CDS

 2169CDSから「平成30年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」がリリースされています。今期は好調で、各利益とも2桁%の伸びで着地しました。一時期配当が伸び悩んでいましたが、ここ3年は増配続きで、今期も増配予想です。今期、後2円増配されれば13年で10倍となりますので、ほんのちょっと頑張ってほしいところです。

2019.12期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実////
2Q予/4624/620/613/399
2Q実////
3Q実////
4Q予/9051/1360/1345/867
4Q修////
4Q実////

2018.12期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/2284/310/306/209
2Q予/4302/531/523/327
2Q実/4300/568/560/375
3Q実/6495/878/870/570
4Q予/9025/1195/1180/737
4Q実/9155/1297/1288/853

2017.12期
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/2348/391/388/260
2Q予/4140/506/499/306
2Q実/4197/577/577/389
3Q実/6263/813/816/515
4Q予/8440/1073/1061/648
4Q実/8502/1052/1059/670

【2169CDS:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前の数値
2006(H18)/12  5.00(1,000)
2007(H19)/12  6.00(1,200)
2008(H20)/12 10.00(2,000)
2009(H21)/12 10.00(2,000)
2010(H22)/12 16.50(3,300)
2011(H23)/12 22.50(4,500)
2012(H24)/12 29.50(5,900)
------2013(H25)/1 1:200分割
2013(H25)/12 36.00
2014(H26)/12 36.00
2015(H27)/12 36.00
2016(H28)/12 38.00予→40.00
2017(H29)/12 40.00
2018(H30)/12 40.00予→44.00修
2019(H30)/12 48.00予→?

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-2185シイエム・シイ 

 2185シイエム・シイより「2019年9月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 」がリリースされています。減益予想の割には順調な感じですね。2012年10月に購入して間もなく7年経ちますが、長期的に増配傾向にあるのでホールドする予定です。

2019年9月期
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/4678/619/639/385
(前期比%/+9.2/+8.4/+7.4/+3.5)

2Q予/9966/1044/1076/713
2Q修////
2Q実////
3Q実////
4Q予/19996/2000/2046/1343
4Q修////
4Q実////

2018年9月期
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/4283/571/595/372
2Q予/8875/788/798/516
2Q修/8913/1086/1081/669
2Q実/8913/1086/1081/669
3Q実/13347/1564/1604/989
4Q予/18452/1855/1878/1230
4Q修/18489/2153/2162/1383
4Q実/18114/2001/2076/1322

【2185シイエム・シイ 配当金の推移】
2008(H20)/9 6.66(20)
2009(H21)/9 13.33(40)
2010(H22)/9 20.00(60)
2011(H23)/9 20.00(60)
2012(H24)/9 23.33(70)
2013(H25)/9 23.33(70)
2014(H26)/9 26.66(80)
2015(H27)/9 28.33(85)
2016(H28)/9 28.33(85)
2017(H29)/9 28.33(85)
-----2018(H30)/4 1:3分割
2018(H30)/9 28.33予→36.00修(85予→108修)
2019(H31)/9 36.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

自分の投資方法の説明は簡単そうで難しいです

 私の投資方法は様々に変移していますが、現在は日本の増配株を長く持ち続けるという一見簡単なやり方に至っています。最近2件の取材を頂き、ツイッターでもしてきされたのですが、意外と返答に困ることが一つありました。

「増配株を持ち続けるのはわかったけど、その銘柄をどうやって選ぶのか?」ということです。

 主力銘柄を買ったきっかけを思い出すとですね……

全国保証
 上場直前に四季報を読んでいたら、偶然目に着いた。有利子負債ゼロで自己資本比率が20%を切るとはどういうことかと思って調べた。住宅ローンの保証会社で、保証料は一括で受け取るが、2年目以降の保証料は長期前受収益という負債項目に計上されるため自己資本比率が実態より低くなるということがわかった。PERも低く、配当利回りも高かった。不況時の回収が心配だったが、震災の時も問題なくローンの回収できていたのでほぼ心配ないだろうと思い購入した。

シーティーエス
 銘柄を知ったのは2004年。inatora氏がブログで取り上げていた。その後、古参のバリュー投資家さんが売買したりしていたのを見て調べてみると、建築に関わるジャンルで儲かりそうなとこに注力していき、柔軟に事業領域を変えていくところが意外と合理的だと思った。案の定、業績は上下を繰り返しながら成長し、配当も伸ばしてくれた。

ベネフィットワン
 あるオフ会で「この銘柄が暴落したら買うんだけどな」と呟いている人がいたのでウオッチし続けた。配当利回りが5%くらいの時に買った。買ったら最後、毎年2桁の成長をし、PERが40倍以上に評価されても直ぐに水準訂正されるので、ヒヤヒヤしながら持ち続けている。

情報企画
 一度優待銘柄として買ったが手放し、その後平九郎さんがブログで紹介していたので買った。不動産評価システムは一度買ったらデータの更新が必要で、売り切りとストック収入が組み合わさった美味しい仕事をしているなと思い、エスクリでやられた後に主力として購入。

平山HD
 薄給公務員さんがブログで紹介していたので購入。一時的に利益率が下がっているという状況を買うという自分では初めての体験。買って見たら、何気に増配銘柄で自分の投資法とも一致し、株価急騰時に一部利益確定しつつ保有。

日本エスエイチエル
 楽天ブログで詳細な分析をしている人がいて、つられて購入。企業の首根っこを掴んだいい商売を高利益率で継続。研究開発も設備投資もほとんど不要でキャッシュが積み上がる一方なので、自社株買いや配当に回さざるを得ない。

……みたいな「ふざけてんのか!?」と言われそうな選び方なんですよ。

 でも、実際そうなんです。四季報通読なり、他の人のブログ、最近はツイッターが多いですけど、何らかのきっかけで見つけた銘柄を持ち続け、思った通りだったら買い増していくのです。指標や増配年数でスクリーニングしたりするわけでないので、銘柄の購入基準も特になく、また高PERになった(=株価が上がった)からといって直ぐに売るわけでもないので、銘柄選択や売買基準の説明が難しいのです。

 一つ言えるのは、自分に合っているということです。この主力銘柄は最初からガッツリ買っていたのは全国保証だけで、後は決算や配当推移を見ながら買い増していました。自分の中で腑に落ちる銘柄を保有し続け、買い増していた結果が現在のポートフォリオです。
 自分の考えに合ったやり方なら、他人のことも気にせず、自分がやりたいようになるだけなので、何を言われても気になりません。というか、言う人もいません ※注:私が気が付いていないだけかもしれませんが (笑)。
 最後に紹介しておきます。プロフィール欄に掲載していますが、これを15年やり続けているだけですね。

「立川一の投資」
 投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。
 受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。
 日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。
 投資をしながら『資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか』を常に確認します。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-9441ベルパーク

 9441ベルパークより「平成30年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」「剰余金の配当(増配)に関するお知らせ」がリリースされています。この銘柄は優待のクオカード目当てに購入したのですが、昨年の決算発表時に配当性向を年々向上させていくという珍しいリリースを出し、今年はその通り配当を上方修正して公約の配当性向を達成してくれました。20年で19倍のペースなので、悪くないと思います。

【9441ベルパーク・配当金の推移】
1998(H11)/12 3.70(5000)
-----1999(H12)/1 1:1.5分割
1999(H12)/12 8.33(7500)
2001(H13)/12 8.33(7500)
-----2002(H14)/2 1:3分割
2002(H14)/12 8.33(2500)
2003(H15)/12 16.66(5000)
-----2004(H16)/4 1:3分割
2004(H16)/12 10(1000)
2005(H17)/12 10(1000)
2006(H18)/12 13(1300)
2007(H19)/12 13(1300)
2008(H20)/12 13(1300)
2009(H21)/12 26(2600)
2010(H22)/12 36(3600)
2011(H23)/12 26(2600)
2012(H24)/12 30(3000)
-----2013(H25)/1 1:100分割
2013(H25)/12 40
2014(H26)/12 30
2015(H27)/12 30
2016(H28)/12 30
2017(H29)/12 55
2018(H30)/12 66予→70修
2019(H31)/12 76予→?

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR