FC2ブログ

IR-3030ハブ 株主優待制度導入

 3030ハブから「株主優待制度の導入に関するお知らせ」がリリースされています。中期経営計画によると、オリンピック開催中の業績は冴えないとのことですので、その分を補うべく優待で魅力アップというところでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

決算-3492タカラレーベン不動産投資法人 

 3492タカラレーベン不動産投資法人から「2019年2月期 決算短信(REIT)」「パイプライン・サポート契約締結に関するお知らせ」がリリースされています。分配金が予想より若干の上乗せで着地しました。

2018/8 28→26~28→26修→98修
2019/2 3235→3226~3235→3226修→3300修→3398
2019/8 2915→2905~2915→2905修→3000修→3020修
2020/2 3050予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

4Q-3030ハブ

 3030ハブから「2019年2月期 決算短信〔日本基準〕(非連結)」「中計経営計画(2019年度~2021年度)の策定に関するお知らせ」がリリースされています。地味に着々と成長していますね。

2020年2月期
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実////
2Q予/6170/330/330/220
2Q実////
3Q実////
4Q予/12880/940/940/620
4Q実////

2019年2月期
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/2876/169/168/115
2Q予/6020/410/410/270
2Q実/5959/426/426/281
3Q実/8664/538/538/357
4Q予/11850/800/800/530
4Q実/11550/790/796/531

2018年2月期
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/2785/233/232/160
2Q予/5610/400/400/270
2Q実/5590/448/448/306
3Q実/8216/577/577/387
4Q予/11190/770/770/510
4Q実/10686/777/780/497

3030ハブ【配当金の推移】
※括弧内は分割考慮前
2006(H18)/2 2.22(2000)
2007(H19)/2 2.22(2000)
2008(H20)/2 2.78(2500)
2009(H21)/2 3.78(3400)
2010(H22)/2 3.78(3400)
2011(H23)/2 5.22(4700)
2012(H24)/2 7.44(6700)
2013(H25)/2 8.78(7900)
---2013(H25)/9 1:100分割
2014(H26)/2 9.33(84.00)
2015(H27)/2 9.33(84.00)
---2015(H29)/3 1:3分割
2016(H28)/2 10.00(30.00)
---2017(H29)/6 1:3分割
2017(H29)/2 11.66(35.00)
2018(H30)/2 11.00予→13.00
2019(H31)/2 14.00
2020(R02)/2 16.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2Q-3711創通

 3711創通より「平成31年8月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」「株主優待制度の導入に関するお知らせ」がリリースされています。クオカードペイで盛り上がっている最中、まさかのガンダム・オリジナルクオカード(笑)。

(2019年8月期)
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/3224/669/673/461
2Q予/7100/1300/1300/870
2Q実////
3Q実////
4Q予/15700/2540/2565/1760
4Q修////
4Q実////
(2018年8月期)
項目/売上/営業/経常/純利益
1Q実/3317/524/523/393
2Q予/9600/1460/1460/980
2Q実/8905/1287/1359/956
3Q実/13026/2233/2307/1575
4Q予/21000/3120/3130/2100
4Q修/17400/2540/2620/1800
4Q実/16873/2615/2725/1869
(2017年8月期)
1Q実/3751/489/450/309
2Q予/9000/1490/1500/960
2Q実/9149/1471/1447/991
3Q実/13561/2414/2372/1614
4Q予/21000/3150/3150/2060
4Q実/19565/3025/2968/2042
4Q実/-15.6%/-13.5%/-15.2%/-10.6%

【3711創通:配当の推移 ※カッコ内は分割考慮前】
2003(H15)/8 5(2000)
2004(H16)/8 5(2000)
2005(H17)/8 7.5(3000)
2006(H18)/8 10(4000)
2007(H19)/8 12.5(5000)
2008(H20)/8 15(6000)
-----2009(H21)/12 1:100分割
2009(H21)/8 15(60)
2010(H22)/8 15(60)
-----2011(H22)/3 1:2分割
2011(H23)/8 15(30)
2012(H24)/8 22.5(45)
2013(H25)/8 30(60)
2014(H26)/8 30(60)
-----2014(H26)/12 1:2分割
2015(H27)/8 35
2016(H28)/8 35
2017(H29)/8 35予→38修
2018(H30)/8 40予→37修
2019(H31)/8 36予→?

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2Q-2735ワッツ

 2735ワッツから「2019年8月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 」「特別損失(連結・個別)の計上に関するお知らせ」「連結子会社の事業の撤退に関するお知らせ」「第 2 四半期連結業績予想と実績値との差異及び通期連結業績予想の修正に関するお知らせ」がリリースされています。切ない決算なのでコメントはありません。

(平成31年8月期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/12731/137/157/87
2Q予/25400/430/430/255
2Q修/25648/336/337/103
2Q実/25648/336/337/103

3Q実////
4Q予/52000/1080/1110/650
4Q修/52000/920/880/270
4Q実////
(平成30年8月期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/11844/247/265/171
2Q予/24500/720/750/460
2Q実/23886/593/602/379
3Q実/36802/888/923/635
4Q予/49600/1450/1520/925
4Q実/49444/975/1037/633
(平成29年8月期)
1Q実/11609/235/258/218
2Q予/23500/605/590/385
2Q実/23484/643/695/489
3Q実/35626/1012/1062/729
4Q予/48000/1370/1350/910
4Q実/47494/1209/1272/839

【2735ワッツ:配当金の推移】
※括弧内は分割考慮前
2007(H19)/8 4.25(1700)
2008(H20)/8 5.00(2000)
2009(H21)/8 5.00(2000)
-----2010(H22)/1 1:200 分割
2010(H22)/8 10.00(20.00)
2011(H23)/8 12.50(25.00)
2012(H24)/8 15.00(30.00)
-----2013(H25)/3 1:2分割
2013(H25)/8 17.00 ※記念配2円含む
2014(H26)/8 17.00 ※記念配2円含む
2015(H27)/8 17.00 ※記念配2円含む
2016(H28)/8 15.00
2017(H29)/8 15.00
2018(H30)/8 15.00
2019(H31)/8 15.00予→?

(追記)
 翌日、保有分の大部分を売りました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2Q-7818トランザクション

 7818トランザクションより「2019年8月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」がリリースされています。修正値通りの内容となりました。4月1日に発表された「自己株式の取得状況(途中経過)に関するお知らせ」によると、3月は1株も買っていないようですが、既に取得した株式の総数は96.10%の進捗状況なのでよしとします。

(2019年8月期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/4219/602/610/428
2Q予/8034/901/910/603
2Q修/8144/1042/1056/710
2Q実/8144/1042/1056/710
3Q実////
4Q予/16530/1910/1928/1278
4Q修////
4Q実////
(2018年8月期)
項目/売上/営業/経常/純/
1Q実/3980/502/507/333
2Q予/7021/747/755/489
2Q修/7694/846/844/540
2Q実/7694/846/844/540
3Q実/11662/1331/1332/873
4Q予/14458/1601/1616/1053
4Q修/15442/1700/1711/1125
4Q実/15442/1700/1711/1125
(2017年8月期)
1Q実/3254/406/376/243
2Q予/6120/507/505/331
2Q修/6460/710/673/438
2Q実/6460/710/673/438
3Q実/9936/1131/1094/715
4Q予/12820/1184/1180/774
4Q修/13200/1420/1380/904
4Q再修/13485/1439/1402/933
4Q実/13485/1439/1402/933
(2016年8月期)
1Q実/2890/276/275/188
2Q実/5677/471/472/318
3Q実/9001/803/800/534
4Q実/11941/1045/1030/699

【7818トランザクション:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前
2009(H21)/8 1.500(1200)
------2009(H21)/12 1:100分割
2010(H22)/8 2.000(16.0)
2011(H23)/8 3.750(30)
------2011(H23)/8 1:2分割
2012(H24)/8 4.500(18.0)
2013(H25)/8 2.500(10.0)
2014(H26)/8 3.250(13.0)
------2015(H27)/8 1:2分割
2015(H27)/8 4.500(9.0)
2016(H28)/8 7.000(14.0)
------2017(H29)/3 1:2分割
2017(H29)/8 8.000予→9.000修→10.000
2018(H30)/8 12.000予→13.000修
2019(H31)/8 15.000予→?
2020(H32)/8 15.000~34.000予
※2020(H32)/8の配当予想は会社発表の中期経営計画の記載。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-4345シーティーエス 自己株式の取得状況

 主力銘柄である4345シーティーエスから「自己株式の取得状況及び取得終了に関するお知らせ(会社法第 165 条第2項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得) 」がリリースされています。3月1日~29日の約定ベースで391,600株(251,575,900円)で、累計で715,600株(460,049,500円)となりました。取得期間の3月末に合わせて頑張って買ってくれた用ですが、流石に枠いっぱいの100万株には届きませんでした。しかし、7割以上買っているので満足です。しかも、シーティーエスは2018年に765.51円で390万株売り出しており、それを今の600円台の株価で買い戻しているのです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

九州電力管内における出力制御(2019年4月分)の影響について

 九州電力株式会社(以下「九州電力」といいます。)が4月にも出力制御を実施しています。
 過去の出力制御の際のリリースを見る限りでは、運用状況の予想への影響はなさそうなので、「ポートフォリオ全体の想定発電量に対する遺失発電量の比率」のみリリースが確認され次第、随時更新します。もはや、これすらも必要なさそうですが(笑)。

9281タカラレーベン・インフラ投資法人→0.18%
9282いちごグリーンインフラ投資法人→リリースなし
9283日本再生可能エネルギーインフラ投資法人→リリースなし
9284カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人→0.81%
9285東京インフラ・エネルギー投資法人→リリースなし(※九州電力管内に発電施設は保有していない)
9286エネクスインフラ投資法人→0.0716%


※出力制御をとりあげた過去記事はこちら
2018年分
10月13日・14日:第一次→【九州電力管内における出力制御の影響について】
10月20日・21日:第二次→【九州電力管内における出力制御(第二次)の影響について】
11月3日・4日:第三次→【九州電力管内における出力制御(第三次)の影響について】
11月10日・11日:第四次→【九州電力管内における出力制御(第四次)の影響について】
2019年分
1月3日:第五次→【九州電力管内における出力制御及び熊本県熊本地方の地震の影響について】
2月24日:第六次→【九州電力管内における出力制御(第六次)の影響について】
3月2日:第七次→【九州電力管内における出力制御(第七次)の影響について】
3月3日以降分→【九州電力管内における出力制御(2019年3月分)の影響について】

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

落ち着きません……

 私は自分に正直な投資を心掛けたいと思っています。それは、投資方針や分析でどうあろうと、保有が不安だったら手放す、というのも含まれています。「ど、どうかな?保有しても大丈夫かな????」とか思いながら保有するのは嫌なのです。
 昨年の春に業績下方修正を出したため、上記の理由で13年保有したプロトコーポレーションを手放しました。その後、結局は業績の回復に伴って株価が上昇するという切ないことになりましたが……(涙)。結果がどうあれ、持っている方が安心か、手放した方が安心か、それで決めます。悶々とした日々を過ごした結果がどうなるのかは未来にならないとわかりませんので、割り切るようにしています。その結果、10倍を取り損ねた地域新聞社などもありますが(泣)、それは仕方ありません。
 というわけで、昨日も自分の気持ちに正直に一銘柄手放したのですが、おかげで投資を始めて以来、キャッシュポジションが初の7%越えとなりました。これはマジでお金を遊ばせているようで落ち着きません。自分の気持ちに正直になるためには何か買いたいのですが、少しは割安株投資の血が流れているのか、「今買うんじゃない!好機を待つんだ!」と叫ぶもう一人の自分が心の中にいます。

 というわけで、投資を初めて以来、最高に気持ちが落ち着きません。投資を続けていると、こういう不合理な自分が次々と発見できる楽しさがありますね。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

IR-4345シーティーエス 沖縄へ進出

 チェックが遅れてしまいましたが、主力銘柄である4345シーティーエスから「那覇支店開設に関するお知らせ」が4月1日付でリリースされています。今期の業績への影響は軽微とのことですが、来期以降への売上への貢献に期待大ですね。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR